クラウンセダンが首位を獲得!オークネットTVAA成約車種別ランキング4月

株式会社オークネット 2008年05月09日

From DreamNews

中古車TVオークションの最大手、株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝)は、 4月度のオークネットTVオークションにおける、成約台数を集計し、タイプ別ランキングベスト10をまとめた。
 当ランキングは、全国7,000店の中古車販売店が、販売プロセスの一環であるオークネットTVオークションを利用しご成約頂いた車両について、国産乗用車・軽自動車・輸入車に分けて集計したものである。

 中古車TVオークションの最大手、株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝)は、 4月度のオークネットTVオークションにおける、成約台数を集計し、タイプ別ランキングベスト10をまとめた。
? 当ランキングは、全国7,000店の中古車販売店が、販売プロセスの一環であるオークネットTVオークションを利用しご成約頂いた車両について、国産乗用車・軽自動車・輸入車に分けて集計したものである。


? 国産車部門第1位は、成約台数を伸ばして先月3位から一気に上昇してきたトヨタ「クラウンセダン」が獲得した。2位は先月4位からランクアップしたトヨタ「セルシオ」、3位は成約率を13ポイント伸ばしたスズキ「スイフト」という結果に終わった。6位ホンダ「オデッセイ」や7位日産「キューブ」は徐々に順位を上げてきておりRV車の小売需要の高まりが伺える。8位は先月33位から飛躍的なランク入りとなったトヨタ「ランドクルーザープラド」で、現行型に人気を集めている。成約率60%で10位に付けたのはトヨタ「カローラセダン」。前回32位からのランク入りを果たした。
? 軽自動車部門は、1位ホンダ「ライフ」、2位ダイハツ「ムーヴ」、3位スズキ「ワゴンR」という結果に終わった。4位のスバル「ステラ」は、出品台数を減らしたものの高い人気を維持して9位からのランクアップとなった。出品台数の増加に伴いランクを上げてきたのは、5位三菱「eKワゴン」。6位のホンダ「バモス」も出品台数を大きく伸ばして先月11位からのランク入りとなった。成約率を12ポイントも伸ばしてきたのは8位スズキ「セルボ」。9位のダイハツ「タントカスタム」は64%という高成約率で引き続き高い人気となっている。
? 輸入車部門は、1位BMW「3シリーズセダン」、2位メルセデスベンツ「Cクラスセダン」、3位メルセデスベンツ「Eクラスセダン」という結果となった。5位のBMW「ミニクーパー」は先月8位から着実に順位を上げてきており更なる上位が期待できる。8位のメルセデスベンツ「Aクラス」は「A170」「A200エレガンス」が好調だ。輸入車部門のコンパクト系人気は安定してきており、ランク圏外だがフォルクスワーゲン「ポロ」やプジョー「206」といった人気車輌の上位食い込みに注目したい。

 【オークネット 中古車TVAA4月成約車種別ランキング】
◆国産乗用車
 1位 クラウンセダン
 2位 セルシオ
 3位 スイフト
 4位 レガシィツーリングワゴン4WD
 5位 ヴィッツ
 6位 オデッセイ
 7位 キューブ
 8位 ランドクルーザープラド
 9位 フィット
 10位 カローラセダン

◆軽自動車
 1位 ライフ
 2位 ムーヴ
 3位 ワゴンR
 4位 ステラ
 5位 eKワゴン
 6位 バモス
 7位 R2
 8位 セルボ
 9位 タントカスタム
 10位 バモス4WD

◆輸入車
 1位 BMW3シリーズセダン
 2位 ベンツCクラスセダン
 3位 ベンツEクラスセダン
 4位 ベンツSクラス
 5位 BMWミニクーパー
 6位 VWゴルフ
 7位 BMW5シリーズセダン
 8位 ベンツAクラス
 9位 VWビートル
 10位 ボルボV70

? 今後もオークネットでは中古車市場での成約ランキングのほか、様々な中古車に関して、注目性の高い情報を発信していく。


本件に関するお問い合わせは?? 株式会社オークネット 広報室 ? TEL:03-3512-6140? MAIL:request@ns.aucnet.co.jp 担当: 宮崎・垣谷・伊藤

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オークネットの関連情報

株式会社オークネット

株式会社オークネットの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!