B.U.G.社とSMK社、組込み型ITRONアプリケーションにCSRのWi-Fiシングルチップを採用

CSR Plc 2008年05月13日

CSR は、本日、当社のWi-FiシングルチップUniFiが、組込み型ITRONアプリケーションの開発を手掛ける、B.U.G.社とSMK社に採用されることを発表しました。SMK社は、産業用の組込み向けワイヤレスLANモジュールにCSRのUniFiを搭載します。また、B.U.G.社は、SMK社製モジュールをハードウェア プラットフォームとして利用し、同モジュールを自社の開発ボードと組み合わせてコンシューマ及び、産業用アプリケーションの開発者にプラットフォームを提供します。

1984年に発売されたITRONは、数多くの携帯電話、デジタルカメラ、CDプレーヤ等、他にも数え切れないほどのコンシューマ エレクトロニック デバイスの根幹を担う世界で最も成功したオペレーティング システムの一つです。ITRONシステムは、Wi-Fi機能を搭載することで、組込み型デバイスがWi-Fiを使用することによりワイヤレスでインターネットに接続できる様な数多くのアプリケーションを実現することができます。

SMK社は、特に産業用組込み型製品のマーケットニーズに対応したCSRの UniFiチップを使用するコンパクトなモジュールの開発に取り組んできました。当社のUniFiチップは、組込み作業を容易にし、顧客の開発時間を削減することが可能です。そのため、SMK社のモジュールは、Wi-Fiの規格に完全準拠し、TELECから事前承認を受けています。

B.U.G.社は、SMK社製のモジュールをハードウェア プラットフォームとして採用し、高性能デバイス ドライバをこれに搭載しました。その結果として生まれたサブシステムは、Wi-Fi機能を様々な量産品に容易に搭載させることを可能とする一方、より専門的で生産量が少量なアプリケーションにも適しています。同プラットフォームは、頑丈なポータブル型情報デバイス、ワイヤレス セキュリティ カメラ、POSターミナルの開発者だけでなく、よりコンシューマ向けの製品であるデジタルスチルカメラやプリンタさらにパーソナル メディア プレーヤ等の開発者にとって理想的であると言えます。

B.U.G.社開発事業部GMニタドリ ヤスノブ氏のコメント:「当社のミドルウェアは、顧客の皆様が当社のプラットフォームを利用し、様々な製品設計に統合し易いように設計されています。当社は、組込み型の低消費電力シングルチップ無線を提供してきたCSRの実績を評価し、同社のUniFiソリューションを採用しました」

SMK社開発センター、マーケティング担当マネージャーのサトウ ヒロアキ氏のコメント:「当社は小型でコンパクトかつ高性能なシングルチップWi-Fiソリューションを必要としていたので、CSRのUniFiを選択しました。Bluetoothを組込み型製品に実装してきたCSRのこれまでの実績は、UniFi Wi-Fiソリューションの統合をシンプルにさせるものでした」

CSR Wi-Fi BUのマーケティング担当主任Raj Gaweraのコメント:「B.U.G.社とSMK社との協業を当社は大変喜ばしく思います。今回の協業は、成長が期待される組込み型Wi-Fi機器市場を共同して開拓するまたとないチャンスです。B,U.G社のITRONの実績とSMK社のハードウェア性能は、最適な組み合わせとなり、様々な産業用及び、コンシューマ プロダクトに対応することを目指すものです」

本件に関するお問い合わせ先
シーエスアール株式会社
深田 学
03-5276-2911

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CSR Plcの関連情報

CSR Plc

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR