リピーター顧客獲得のためのCRM分析ソリューション “統合CRMプラットフォーム「CRMstage」”リリース

アドバンリンク株式会社 2008年05月14日

CRMコンサルティングを手がけるアドバンリンク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:鈴木潤、以下アドバンリンク社)は、このたび自社開発製品“統合CRMプラットフォーム『CRMstage ver1.0』”をリリースし、2008年5月14日より販売を開始いたします。

「CRMstage」  (リンク »)  は、顧客維持を中心としたビジネス企業向けに、企業内に散在する顧客データの統合から様々な角度からのデータ分析、そしてマーケティング活動の効果のモニタリングを可能とした、CRM/マーケティング戦略のアクションにつなげていくためのCRM分析ソフトウェアです。
 

CRMシステムは従来、SFA、コールセンター、メール配信等のオペレーショナルCRMを中心にパッケージが提供されており、データ分析をメイン機能にしたアナリティカルCRMは、これまで、BI(ビジネスインテリジェンス)と呼ばれ、システム導入コストが大きく、大手企業でなければ導入に踏み切れないという問題がありました。
しかし顧客維持を図る上で重要となる顧客特性(顧客行動)の把握という観点から、アドバンリンク社ではCRMstageに、「CRMに必要なデータ収集/統合機能」、「データ分析機能」、「ダッシュボード機能(マーケティング効果モニタリング)」というメイン機能をパッケージ化し、システム導入コストを大幅に低減することで、中堅・中小企業でも導入可能な形にし、顧客データ活用可能な戦略ツールにしました。
CRMstageは、カスタマイズ機能を有し、導入後の機能拡張性にも優れています。
オペレーショナルCRMや基幹系システムと連携することで、企業内に蓄積されているデータを収集し、データ分析の専門知識が無くとも、マーケティング部門等の担当者がGUI操作で簡単に顧客データ分析を行うことが可能になります。これにより、他部門をまたがずとも、マーケティング担当者自らが即分析し、戦略、アクション、効果モニタリングなどがスムーズに行なえるようになります。
 

■CRMstageの機能/特徴  (リンク »)
 ・企業内に散在するCRM関連データの収集機能
 ・ノンプログラミングのカスタマイズ機能
 ・CRM/マーケティングアクションの状況モニタリング機能
 ・顧客行動特性把握のためのデータ分析機能
 ・顧客セグメンテーション機能
 ・低コスト、短納期、機能拡張性
 

■サービスの強化
アドバンリンク社は、これまでの顧客データ分析のアウトソーシングサービスに加え、顧客データ分析のプラットフォームとしてもCRMstageを採用することで、従来よりも安価でハイレベルな顧客データ分析アウトソーシングサービスを提供してまいります。
またシステム導入だけでなく、ホスティングによるCRMstageのASPサービスも同時にスタートし、さらにシステム導入の初期コストを抑えることができるサービスも提供開始します。
上記、CRMstageをベースにしたCRM/マーケティング分析サービスについては、ポイントプログラム導入企業など、データベースマーケティング(顧客データ分析)が盛んな企業への展開、更にはBtoC向け、BtoB向けを目指しております。
 

■アドバンリンク社について
社  名 : アドバンリンク株式会社
所 在 地 : 東京都品川区西五反田2-6-3 東洋ビル
代 表 者 : 代表取締役 鈴木 潤
設  立 : 2007年3月
事業内容 : ・CRM/BIの導入・活用コンサルティング
        ・データベースマーケティングサービス
        ・CRM/BIソリューション開発
        ・CRM/BI製品の販売・サポート
URL   : (リンク »)
 

■本件に関するお問い合わせ窓口
アドバンリンク株式会社
TEL  : 03-6821-0243
FAX  : 03-3495-4113
Web/E-mail : お問い合わせフォームへ (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドバンリンク株式会社の関連情報

アドバンリンク株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!