PoE無線接続ポイントの出荷数は2012年に1100万ユニット以上と予測

株式会社データリソース 2008年05月15日

米国の調査会社ベンチャーデベロップメント社は出版レポート「パワーオーバーイーサネット(POE)の世界市場需要分析 第3版 - POWER OVER ETHERNET (POE): GLOBAL MARKET DEMAND ANALYSIS」のプレスリリースにおいて、PoE無線接続ポイントの出荷数は2012年に1100万ユニット以上になるという予測結果を発表した。

米国調査会社ベンチャーデベロップメント社の調査レポート「パワーオーバーイーサネット(POE)の世界市場需要分析 第3版」は、主要なPoEアプリケーションであるIP電話、無線アクセスポイント(WAP)の採用を牽引する要因と、これらのデバイスの主要ベンダについて調査している。企業のWAP需要は、2012年まで1年あたり約50%増加するだろう。

WAPとそのインフラストラクチャは、それぞれの垂直的市場と導入環境においては、すでに企業向けネットワークの標準装備となっている。機能や信頼性の向上と、費用対効果の改善が、成長を促進する2つの主な要因である。

従来のオフィス環境から倉庫まで、無線ネットワークの普及は進んでいる。同時に、工場や健康管理サービス、教育環境などの、多くの新しい市場で急速に無線ネットワークの採用が進んでいる。

PoE Plusはあってもいいけど、必要じゃない

多くのWAPメーカーが、802.11nをサポートする、PoE Plusとして知られているIEEE802.3atの批准を待っている。既存の802.11a/b/gデバイスより高いデータ信号速度をサポートするこれらのアクセスポイントがより多くの電力を消費するために、既存の802.3af仕様の12.95W以上を必要とする。

この「-at」仕様によって、動力付きデバイス(PD)に利用できる電力量が向上し、スループットも高くなるだろう。最新のドラフトバージョンでは、IEEE802.3atは必要電力は30Wから25.5Wに削減されるが、ベンチャーデベロップメント社は「-11n」 WAPやその他の高電力デバイスの需要にはあまり影響しないと考えている。既存の「-11n」アクセスポイントは20W以下で動作し、WAPベンダのなかには既に「-af」規格で作動する「-11n」アクセスポイントを発表したものもある。


[調査レポート]
パワーオーバーイーサネット(POE)の世界市場需要分析 第3版
POWER OVER ETHERNET (POE): GLOBAL MARKET DEMAND ANALYSIS
THIRD EDITION
(リンク »)

[ベンチャーデベロップメント社について]
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR