編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

3PAR、VMWARE SITE RECOVERY MANAGER と統合

3PAR と VMware Virtualization の統合により、ディザスタ・リカバリの簡素化と自動化を実現

3PAR株式会社

2008-05-19 14:00

3PARは、3PAR Replication Adapter for VMware(R) Site Recovery Managerを発表しました。このソフトウェアにより、3PAR InServ(R) ストレージ・サーバ向けのリモート・データ複製ソフトウェアである 3PAR Remote Copy と、ディザスタ・リカバリの管理と自動化を提供する革新的な新製品である VMware Site Recovery Manager は、ユーティリティ・コンピューティングでエンド・ツー・エンドのディザスタ・リカバリを実現します。
VMware Site Recovery Manager は、VMware からデータセンター向けとして提供される、業界最高の管理・自動化製品の一つです。VMware Site Recovery Manager は事業継続計画とテストを簡便化するとともに、ディザスタ・リカバリの実装に伴うリスクと複雑さを軽減します。3PAR Remote Copy および VMware Site Recovery Manager の統合により、顧客は、弾力性に富んだユーティリティ・コンピューティング・インフラストラクチャの構築や、低コストでのアプリケーション保護を行えるほか、従来のディザスタ・リカバリ製品よりも迅速、かつ効率的にデータを復元することができます。


事業の継続には、アプリケーション・データを災害から保護することが重要になります。しかし、従来のリカバリ製品では、データ複製は高コストで複雑であったため、ディザスタ・リカバリを全体に実装することを躊躇する顧客もいました。Remote Copy は、どのアプリケーションのデータでも優れたコスト効率で保護し、共有することができます。これには、シン・コピー技術が一役買っています。Remote Copy は Thin Provisioning 対応なので、割り当て済みではなく、書き込み済みの容量のみを複製できます。また、設定と維持も簡単に行えます。このようなシンプルさにより、高コストで長期にわたる有償サービス契約を結んだり、プロトコル拡張モジュールやコンバータを使用したりする必要がなくなります。Remote Copy を使用することにより、これまで災害対策の障壁となっていた、リモートのアプリケーション・リカバリおよびバックアップの複雑さが、実質的になくなります。

3PAR Replication Adapter は、数々の VMware 環境に配備されている 3PAR Remote Copy をベースにしています。3PAR Replication Adapter は、VMware と密接に連携して VMware Site Recovery Manager 向けに開発されたもので、統合的な仮想インフラストラクチャやディザスタ・リカバリ管理を提供します。これには、3PAR Remote Copyによる3PAR InServ ストレージ・サーバ間のデータ複製が含まれます。

VMware Site Recovery Manager と 3PAR Remote Copy の統合により、次のようなメリットがもたらされます。

ディザスタ・リカバリの簡便化:ストレージとサーバでそれぞれ独立したディザスタ・リカバリ・プロセスを、集中インターフェースをもつひとつの自動化プロセスに置き換えることができ、迅速で信頼性の高いリカバリが実現できます。これに加え、3PAR Remote Copy の設定とテストは、わずか数コマンドで行えるほど簡単でシンプルなので、通例必要であった有償サービスは不要になります。VMware と 3PAR の連携により、リカバリ時間とリカバリ・ポイントの目標を、シンプルに、かつ予測可能な形で満たすことができるようになります。

柔軟な複製:VMware Site Recovery Manager の利用者は、さまざまな x86 サーバ・ハードウェア上で仮想マシンを簡単に復元することができます。3PAR Remote Copy では、3PAR InServ ストレージ・サーバのどのモデル間でも、また、異なるサービス・レベル間でも (たとえば、RAID レベルやドライブ・タイプなど) 柔軟に複製することができるので、インフラストラクチャの敏捷性を高めることができます。


また、VMware のアライアンス担当副社長である Parag Patel 氏は、次のように述べています。「VMware Site Recovery Manager は、規模の大小を問わず、どのような事業にも理想的です。特に、これまではコストや複雑さがネックとなって、ディザスタ・リカバリ・ソリューションを実装できなかった組織に最適です。3PAR Remote Copy は VMware Site Recovery Manager を補完し、効果的で安価な対災害保護をこれらの顧客に提供するとともに、事業の継続を可能にします。」

3PAR Replication Adapter for VMware Site Recovery Manager は、すべての InServ ストレージ・サーバ・モデルで利用可能です。3PAR Remote Copy は、ファイバー・チャネルおよびネイティブの IP ベースの複製に加え、同期モードおよび非同期モードの操作を提供します。

3PAR は VMware テクノロジ・アライアンス・パートナー (TAP) プログラムのプレミアレベル・メンバーであり、3PAR InServ ストレージ・サーバは VMware ESX SAN Storage Compatibility List に記載されています。

本件に関するお問い合わせ
3PAR株式会社 広報担当 清水
03-5269-1038
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

3PAR株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]