PBXの大きなビジネスチャンスがある中小企業市場

株式会社データリソース 2008年05月20日

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は、通信機器の最大の顧客セグメントは小規模企業だと報告する。

マサチューセッツ州ボストン、2008年5月13日
米国調査会社インフォネティクスリサーチ社の年刊調査レポート「企業向け電話:企業規模別」は、世界の零細企業、小規模企業、中規模企業、大企業などの企業規模別の電話機器に対する支出を調査し、小規模企業が最も大きな顧客セグメントであると報告している。

この調査レポートは、通信機器の最大の顧客セグメントである小規模企業は、今後4年間はPBX販売においても高い成長率を維持するだろうと述べている。

「小規模企業は企業規模として最も一般的であり、特に欧州やアジアにおいて多く、IPとTDM PBX支出の大半を占めている。さらに、PBX販売の主要牽引要因である創業率も高く、今後の成長にも寄与するだろう。大企業が多い北米では事情が異なる。北米では企業規模は欧州の約3倍である。しかし成長のビジネスチャンスは、規模を拡大し、貿易に投資している欧州・中東・アフリカ、アジア太平洋地域、カリブ海・ラテンアメリカ地域の大企業にあるだろう。

主な調査項目を以下にあげる。

*企業向け電話市場における次に大きな顧客セグメントは、小規模企業と大企業の特徴を兼ね備えている中規模企業で、急速に成長している企業もあれば、成長のための投資を行っている企業もある
*北米では、オールIP PBXとTDM機器収益の1/3以上が大企業であり、世界で最も高い比率を占める
*TDMシステムは、零細企業や小規模企業の一部に売れている

インフォネティクスリサーチ社の調査レポートは、企業規模別(零細企業、小規模企業、中規模企業、大企業)のTDM PBX/KTSシステムとIP PBXシステムの、世界と地域毎(北米、欧州・中東・アフリカ、アジア太平洋地域、カリブ海・ラテンアメリカ地域、その他の地域)の予測と市場規模を調査している。


◆調査レポート
企業向け電話:企業規模別
(リンク »)

◆米国インフォネティクスリサーチ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?