株式会社ヒューマン インタラクティブ テクノロジーがActuate製品ライセンス販売契約を締結

~Actuate9をベースとしたトータル・ソリューションの提供を開始~

アクチュエイトジャパン株式会社 2008年05月21日

アクチュエイト ジャパン 株式会社は、株式会社ヒューマン インタラクティブ テクノロジーがActuate製品ライセンス販売契約を締結したことを発表しました。 従来のActuate製品の開発・運用保守だけでなく、販売、トレーニングいった包括的な提携となりました。

エンタープライズBI・レポーティング・アプリケーション「Actuate」を提供するアクチュエイト ジャパン 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三浦大洋、以下アクチュエイト)は、株式会社ヒューマン インタラクティブ テクノロジー(本社:東京都新宿区、代表取締役:川端富士夫 以下、HIT)がActuate製品ライセンス販売契約を締結したことを発表しました。アクチュエイトは、1993年の設立以来、ワールドワイドにエンタープライズBIレポーティング・ソリューション製品「Actuate」を提供し、4200社の導入実績をもつBIレポーティング分野でのリーディングカンパニーです。HITは、「金融」「物流」等の業務分野と「N/Wインフラ」「ETL/EAI/BI」「WEBアプリケーション」技術分野に多くの実績を持ち、システムコンサルティングから設計・開発・運用まで、企業の経営戦略実現に向けた統合情報ソリューションを提供する精鋭エンジニア集団です。

アクチュエイトとHITは、1999年からActuate製品を基盤としたレポーティング・システム開発を通してパートナーシップを築き上げ、銀行、証券系金融機関から製造業まで、様々な業種、業態に対したシステム・インテグレーションをとおして多くの実績と経験を積んできました。

株式会社ヒューマン インタラクティブ テクノロジー 代表取締役 川端富士夫は、「弊社は、1999年以来、Actuate製品を用いた数多くのソリューションをユーザーに提供して参りました。その数は20事例以上を数え、弊社のBI事業の礎を築いております。
現在は、BI・レポーティングに精通するエンジニア数十名と共に、EAIを用いたアプリケーション統合からETL/BIの各種ベンダー製品を用いた導入と開発を行っており、今回のActuate製品ライセンス販売契約の締結によって、弊社の培ったBIソリューションとActuate製品の豊富なノウハウを融合し、ユーザビリティの高いワンストップ・サービスを提供できると確信しております。
特に、Actuate9から組み込まれた「Eclipse BIRT」については、オープンソース BIおよびレポーティングツールとして、高い開発生産性及びインタラクティブな操作性を求めておられるユーザーには有力な提案材料になります。
また、Actuate製品のトレーニングについても、アクチュエイトからのアウトソーシング委託を受けトレーニング事業も開始しております。これにより、従来のActuate製品の開発・運用保守だけでなく、販売、トレーニングいった包括的な提携となりました。今後、このアクチュエイトとの強力なパートナーシップによって、弊社が提案可能なソリューションの幅も広がり、幅広いビジネス展開が可能になります。」と述べています。

アクチュエイト ジャパン株式会社 代表取締役三浦大洋は、「今回のHITとの契約締結は、1999年から築き上げてきた両社のパートナーシップの集大成となるものです。ライセンス販売からシステム開発、運用保守、トレーニング・サービスまでをトータルで提供するフレームワークを通して、ユーザーに新たな価値を提供できる基盤が整ったと考えております。
特に、Actuate製品に関する技術とノウハウを基にしたソリューション提案は、製品がもたらすメリットを最大限に引き出してくれることと確信しています。
また、「Eclipse BIRT」をベースとしたプラットフォームを提供する弊社のオープンソース戦略を推進するうえでも、今回の契約締結は重要な意味を持っています。厳密な費用対効果が求められ、新たな局面を迎えつつあるエンタープライズBIレポーティング市場においてオープンソースの採用は魅力的ですが、実際の開発から運用までは高度なサポートが必要となります。HITとアクチュエイトによる包括的なサポートは、ユーザーにとって非常に利用価値の高いものとなるでしょう。」と述べています。

2008年5月以降、Actuate製品販売を強化していくエリアは以下の分野です。

1.業務に直結したデータ活用を可能とする、高度に見える化したダッシュボード・ソリューション
2.Webブラウザでのレポートカスタマイズ及びデザイン機能を利用したセルフサービスでのレポート共有・ソリューション
3.業界最高水準のハイ・パフォーマンスな印刷品質レポーティング・ソリューション
4.サーバ一元管理による高セキュリティなスプレッドシート・ソリューション




【問い合わせ先】
アクチュエイト ジャパン株式会社
営業本部 マネージャー
平山 愉二
Email: yhirayama@actuate.com
Tel: 03-5456-5406
ホームページ: (リンク »)

株式会社ヒューマン インタラクティブ テクノロジー 
システム部 アクチュエイトサービス主担当
佐藤 和哉
Email: actuate-support@hit-inc.jp
Tel: 03-5225-0530
ホームページ: (リンク »)

【アクチュエイト ジャパンについて(Actuate Japan Co., Ltd.)】
アクチュエイト ジャパン株式会社は、企業パフォーマンスの飛躍的な向上を支援するビジネスインテリジェンス、エンタープライズ レポーティングおよびパフォーマンス マネージメント アプリケーションの世界的なリーディングカンパニー、米国アクチュエイト社(米国カリフォルニア州サンマテオ、NASDAQ:ACTU)の日本法人(設立:1996年)です。主力製品「Actuate」は、エンタープライズ環境における全てのアプリケーションに、業界最高クラスのスケーラビリティ、信頼性、柔軟性、パフォーマンスを備えたレポーティングやBI機能を提供し、あらゆるユーザ(従業員、パートナーおよび一般顧客)に対し、簡単にアクセスでき容易に理解することができる情報を提供します。全世界で4200社以上(国内では440社以上)の企業に採用されています。
 アクチュエイト社は米国で1993年に設立されました。ワールドワイドにビジネスを展開しており、日本をはじめ、シンガポール(APAC)、中国、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスに拠点を展開しています。
(米国本社 : (リンク ») 日本: (リンク ») )

【ヒューマン インタラクティブ テクノロジーについて】
 ユーザーの「何をしたいか」、「何に困っているか」そして「あるべき姿は何か」までを共有し、解決することで「ゆとりと安心感」を生み出す。ヒューマンインタラクティブテクノロジー(HIT)は、そんな想いを抱くエンジニアの集団です。
「ネットワーク・インフラ構築」「セキュリティ」「EAI/ETL/DWH構築/BI」といった技術分野のテクニカルサービスを提供する『プロフェッショナルサービスユニット』と、「ファイナンシャル」「SCM」「CRM」といった各ビジネスエリアに応じたサービスを提供する『ビジネスソリューションユニット』を事業の柱とし、技術・業務の側面からお客様の幅広い要求に応え、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースいたします。




「Actuate」は、アクチュエイト社の登録商標です。その他の社名やトレードマークは各企業の所有するトレードマークです。

このプレスリリースの付帯情報

協業分野&HITのアクチュエイト導入実績

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?