アドウェイズ、アフィリエイトと連動したPIPサービスを開始 「映像撮影・音声録音不要! 3DCG技術と音声合成技術を使ったお申込フォーム」

株式会社アドウェイズ 2008年05月28日

株式会社アドウェイズ(東証マザーズ2489、東京都新宿区・代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、株式会社リアファクトリーの持つWEBコンサルティングサービス、モーションポートレート株式会社の保有する3次元アニメーション技術、および株式会社4COLORSの保有する音声合成技術を利用した『実写アニメーションお申し込みフォーム』の販売を開始いたします。

【実写アニメーションお申し込みフォームとは】
実写アニメーションお申し込みフォームは、人物動画が音声でマウスの動きに反応して、入力方法や入力エラーを説明するサービスです。お客様に直接語りかける事で理解が深まり、入力ストレスの減少とページからの離脱を防ぎ、お申込数が高まることが期待できます。
また人物以外に動物やアニメキャラクターなどの設定も可能で、さまざまな演出により受け手に驚きや感動、楽しさを与えるエンターテイメント性の高いお申し込みフォームが実現します。

これによりアドウェイズのPC向けアフィリエイトサービス「JANet(ジャネット)」と連動した、掲載広告からの集客と申込までのワンストップソリューションを提供することが可能となりました。

【撮影・音声録音不要!最先端の認識技術】
モーションポートレートとは、独自開発エンジンにより、1枚の写真を瞬時に3次元CGへと変換し、立体アニメーションを作り出す技術です。生成された3次元アニメーションは表情エンジンにより、喜怒哀楽、さまざまな表情を自由自在に表現できます。今回は音声合成システム(テキスト文章を音声変換)と同期させることにより、撮影・録音しないでもインタラクティブなPIP(Person In Presentation)サービスを作る事ができます。

□■□株式会社アドウェイズについて (リンク »)
2001年設立。Web媒体向けアフィリエイトプログラム「JANet」の運営をはじめ、国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム、「Smart-C」の運営、メディアの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。子会社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。2006年に東証マザーズ上場。

□■□株式会社リアファクトリーについて(東京都千代田区 代表取締役社長 尾家健二)
株式会社リアファクトリー( (リンク ») )は、受注管理システムや顧客管理システムなど、多くのシステム会社が構築したプログラムをパッケージ化し、カスタマイズを行うことができるシステムポータルサイト「webshare.jp」を運営しています。
リアファクトリーは、既存のIT技術はもとより、新しい技術を常に取り入れ、企業に最適な組み合わせをご提案します。私達はIT技術を駆使し、最小のリソースで最大の結果を生み出す、総合ソリューションを提供し続けていきます。

□■□モーションポートレート株式会社について(東京都港区 代表取締役社長 藤田純一)
モーションポートレート株式会社( (リンク ») )は、独自の技術をベースとした新たなインタラクティブ・メディアを提供することで、今までにないメディア・リッチな環境を構築したいとの思いで、2007年7月3日に設立されました。各種販促ツールのソリューション提供、ゲームなどをはじめとするミドルウェア提供、インタラクティブ・コンテンツ提供を事業の3本柱とし、「驚きと感動」を創造し続ける企業を目指しております。

□■□株式会社4COLORSについて(神奈川県横浜市 代表取締役 加山緑郎)
株式会社4COLORS( (リンク ») )は、Oddcast,Inc.の保有するFlash技術を利用した独自リップシンク技術と、音声合成技術用いた「喋るキャラクターアバター」サービスを日本国内にて提供しています。現在のインターネット世界は情報量が1秒で数万と増える時代。それに比例してユーザーの情報に対する理解は複雑化してしまう。インターネットの世界に人を送り、さまざまな情報をやさしく伝達するヒューマンナビゲーションサービスを提供し続ける企業を目指しています。

このプレスリリースの付帯情報

サンプル画像

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

株式会社アドウェイズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?