バリューエンジン、スマートフォン実機検証サービスを開始

株式会社バリューエンジン 2008年06月19日

 モバイル関連コンサルティング事業を手がける株式会社バリューエンジン(所 在地:東京都渋谷区 代表取締役CEO:北野 敬介)は、Windows Mobileや BlackBerryなどのスマートフォン向けのアプリケーションやコンテンツの開発者 向けに、「スマートフォン実機検証サービス」を開始しました。

スマートフォン向けのアプリケーションおよびコンテンツ開発では、機種毎に
ハードウェアの仕様や、OS、ブラウザ、そのバージョンなどが異なるため、携帯
電話での開発と同様に個々の機種での実機動作検証が必要になります。今まで
は、売れ行きの良い機種が限定されていたため、対応機種を限定した上で開発し
リリースすることが一般的でしたが、スマートフォンのラインナップが増えユー
ザも増加してきたことにより、現在は複数機種に対応するアプリケーション開発
が求められています。しかしながら、開発会社が全ての対応予定機種を購入して
動作検証を行うことは、その購入費用や回線維持費用の面で困難になってきてお
り、今後は機種数の増加に伴いさらに難しくなることが予想されます。

「スマートフォン実機検証サービス」では、検証ノウハウを有するバリューエン
ジンが作業を実施する「アウトソースサービス」と、検証用スマートフォンを当
社オフィスにて貸し出して直接検証を行って頂く「貸出サービス」の2つのサー
ビスを提供し、開発者の負担を大幅に軽減します。

バリューエンジンは、携帯コンテンツ実機検証サービスにてにて有する検証ノウ
ハウと、スマートフォンインテグレーションサービスによって有するスマート
フォン実機、スマートフォン用のサーバー構築ノウハウなど基に、スマートフォ
ンアプリケーション開発者に有用な支援サービスを提供していきます。

【サービスの概要】
・アウトソースサービス
テスト仕様作成
当社テストオペレーターによる実機検証作業
レポート作成(デイリーレポート、および最終報告)

・貸出サービス
検証場所(当社オフィス)と実機のセットでの貸出
サーバー環境の貸出(オプション)
操作方法サポートを含む

【特長】
・DoCoMo、SoftBank、WILLCOM、EMOBLE各社が発売のスマートフォン全てを
 利用可能
 (DoCoMo 1xxxシリーズ/BlackBerry/htc z、SoftBank Xシリーズ、
  WILLCOM W-ZERO3シリーズなど発表時点で17機種、iPhoneも配備予定 ※注)
・動作にサーバーが必要なBlackBerry 8707hも常備
・各機種の操作に不慣れでも操作方法をサポート
・テスト用サーバー環境の構築が可能(オプション)
・携帯コンテンツからモバイルバンキング、携帯用SFAアプリケーションまで
幅広い検証サービスを実施している高い検証品質をスマートフォン検証に
おいても提供

注:Windows VistaなどのPC向けOSを搭載した機種はスマートフォンの対象外
  とします。

【価格】
■アウトソースサービス:検証内容により応相談
■貸出サービス:
 基本料金:3000円/1時間
 1台あたり金額:2000円(最初の1時間)、1500円/1時間(2時間目以降)
 環境構築費用:別途相談
 ※ストリーミングなどの検証でお使いの場合は別途費用を頂くことがあり
  ます。


【株式会社バリューエンジンについて】
バリューエンジンは、携帯電話コンテンツやアプリケーションなどの動作検証を
はじめとする開発コンサルティング、BlackBerryをはじめとするスマートフォ
ン・インテグレーションなど、モバイル分野におけるプロフェッショナルカンパ
ニーとして事業を展開しております。
詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。

以上、

* 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■報道機関からのお問い合わせ先
株式会社バリューエンジン
マーケティング担当:岡村・北野
〒150-0011 東京都渋谷区東1-26-32
TEL: 03-6424-4961
E-mail:ve-pr@ValueEngine.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社バリューエンジンの関連情報

株式会社バリューエンジン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?