国内初!ネットPRサイト「News1st.jp」がGoogleガジェットを提供開始。

ティー・フォー・ティー株式会社 2008年07月09日

ネットPRサイト「News1st.jp(ニュース・ファースト)」を運営するティー・フォー・ティー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:杉田泰輔)は、掲載された最新のニュースリリースを配信するGoogleガジェットを2008年7月9日(水)より提供開始しました。国内のネットPRサイトでは、News1st.jpが初めてです。(※)

このGoogleガジェットは、News1st.jp(URL:www.news1st.jp)に表示される「+Google」ボタンをクリックするだけで、簡単にユーザーのiGoogle環境に追加できます。News1st.jpのGoogleガジェット提供は、これまでのRSSによる新着情報配信に加え、多様化するWebでの情報の受発信に対応するものです。

iGoogleでは、ユーザーがGoogleガジェットと呼ばれる部品を追加、配置し、必要とする情報をひと目で確認できる独自のポータル環境を自由に作ることができます。News1st.jpのGoogleガジェットを使用すると、本サイトのユーザーが発信した最新のニュースリリースをiGoogleの画面で確認することができます。
情報を発信する企業・団体にとっては、自身が発信したメッセージを先進のiGoogle環境にも常に配信することが可能となります。
情報の受け手側にとっては、iGoogleのホームページを開くだけで、最新のニュースリリースをひと目で確認することができ、情報収集の時間を節約できます。また、マスコミ発のニュースと企業・団体が発したニュースリリースを同じ画面で横並べにして確認するといった、今までとは違ったスタイルでの情報収集も可能となります。

当社では、今後も新技術の導入に積極的に取り組み、企業・団体とそのステークホルダー間でのオンラインコミュニケーションを促進するソリューションを提供していきます。

※当社調べ
                                                         以上

■ネットPRサイト「News1st.jp」について
News1st.jpは、登録された企業・団体が発信するニュースリリースを掲載するサイトです。SEO(検索エンジン最適化)対策、過去のリリースを一覧表示するアーカイブ機能、最新ニュースを配信するユーザー別専用RSSなどネットの特性を生かした機能でPRをサポートする「プレミアムコース」のほか、無料で掲載できる「ベーシックコース」、新しい広報スタイルに対応する「ビデオリリースコース」の3コースを提供し、企業・団体とステークホルダー間のオンラインコミュニケーションをサポートしています。

■ティー・フォー・ティー株式会社について
本社:東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32F
設立:2003年12月25日
代表取締役:杉田 泰輔(すぎた たいすけ)
電話:03-5322-1379
FAX:03-5322-2929
URL:www.tfort.co.jp
事業内容:
ビジネスシーンでのさまざまな形のコミュニケーションを支援するソフトウェア、サービスの提供。
ご提供製品/サービス:
・ ネットPRサイト「News1st.jp」(www.news1st.jp)
・ PR支援サービス「PROS」
・ MS SharePoint用ワークフローソフト「ShareVis」
・ Eラーニング教材コンテンツ作成ソフト「SCATE Ignite」



注)本リリースで使用している商標等は、各社の商標です。

このプレスリリースの付帯情報

iGoogleに追加したNews1st.jpのガジェット(左端)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ティー・フォー・ティー株式会社の関連情報

ティー・フォー・ティー株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?