ネットワークカメラのパイオニア、アクシスコミュニケーションズAB 2008年度中間決算を発表

~好調な事業拡大を継続~

アクシスコミュニケーションズ株式会社 2008年07月10日

 世界のネットワークカメラ市場のリーディング企業である、アクシスコミュニケーションズAB (本社:スウェーデン ルンド、CEO:レイ・モーリッソン、以下アクシス)は、2008年度中間決算(2008年1月1日から2008年6月30日)を次のとおり、発表しました。


・純売上高 9億3100万スウェーデンクローナ (7億7800万)
・営業利益 1億6000万スウェーデンクローナ (1億6100万)
・税引前利益 1億6000万スウェーデンクローナ (1億6000万)
・税引後利益 1億1300万スウェーデンクローナ (1億2000万)
・一株当たり利益 1.64スウェーデンクローナ    (1.73)


( )内は、前年同期数字


 本発表に対して、アクシスのCEOであるレイ・モーリッソンは、次のように語っています。


「最近の金融市場の低迷は、ユーザのネットワークカメラ関連システムへの新たな投資、拡張計画に影響を与えており、その結果として一時的に、ネットワークカメラ関連市場の成長率には鈍化傾向が現れています。それにも関わらず、アクシスの主要製品であるネットワークカメラおよび関連製品の売上は、半期で8億8200万スウェーデンクローナを記録し、前年度対比37%増となりました。今後、ネットワークカメラ関連市場は急速に成長すると予測されており、アクシスの企業目標、事業拡大計画に、なんら変更はありません。


その例として、第二四半期に、モスクワ(ロシア)、さらに、サンパウロ(ブラジル)と、香港、上海に続き、北京(中国)にも、新たに事務所を設立しました。アクシスの総従業員数も、2008年6月末時点で644名、半期で80名の増員を行いました。」


 本発表のプレゼンテーションは、以下のサイトで入手可能です。
(リンク »)


 本資料は、スウェーデンにて7月8日(現地時間)に発表されたプレスリリースの抄訳です。


■アクシスコミュニケーションズABについて
アクシスコミュニケーションズABは、ネットワークカメラを中心としたネットワークビデオソリューションをワールドワイドで展開するスウェーデンの企業です。当社の製品は、独自設計のASICを採用し、高い画像品質とネットワーク接続性を誇っています。また、オープンスタンダード技術に準拠することにより、他システムとの統合性および、システムの柔軟性と拡張性の高さを実現しています。アクシスのネットワークカメラは、1996年の出荷以来、主にセキュリティ監視や遠隔モニタリング用途として、世界70ヶ国で100万台以上(2007年10月現在)が導入され、世界中で多くの導入実績を誇ります。1984年に創業し、OMX Nordic Exchangeに株式を上場しています。詳細はwww.axis.comをご覧下さい。


■本件問合せ先■
アクシスコミュニケーションズ株式会社 マーケティング
〒108-0075 東京都港区港南2丁目16番1号 品川イーストワンタワー13階
TEL:(03) 6716-7850 FAX:(03) 6716-7851
E-mail: marketingkk@axiscom.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクシスコミュニケーションズ株式会社の関連情報

アクシスコミュニケーションズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR