SwitchBladeシリーズに新たなラインナップ 10G対応マルチレイヤー・モジュラー・スイッチ SwitchBlade 6700S/6300S新発売

アライドテレシス株式会社 2008年07月22日

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、高信頼性・ 高機能10G対応マルチレイヤー・モジュラー・スイッチSwitchBlade6700S/6300Sの出荷を7月 22日より開始します。

SwitchBladeの新たなラインナップSwitchBlade6700S/6300S は、SwitchBlade7800Sと同
5400Sとの間に位置づけられます。SwitchBlade 6700Sシリーズは最大スイッチング容量1テ
ラビット超、SwitchBlade 6300Sシリーズは1G・10G 回線の収容効率を重視したコストパフォ
ーマンスの高いエンタープライズ市場向けマルチレイヤー・スイッチです。両シリーズとも最大
1G×192ポート、10G×64ポートを収容可能です。

SwitchBlade6700S/6300S は、ハードウェア処理による高速ルーティングはもちろん、さまざま
なルーティングプロトコルをサポートし、リングプロトコルによる障害時の高速切り替えに対応し、
ハードウェアの完全2重化とともに安定稼動を実現します。ネットワークインターフェースモジュ
ールはシングルサイズNIFを基本とし、10G、1G(光)、1G(UTP)など種類の異なるポートの混
在時にも効率良いシステム構築が可能で、コンパクトな筐体に10Gを最大64ポート、1Gを最大
192ポート搭載することができます。また、uRPF(unicast Reverse Path Forwarding)
を実装し、「なりすまし」などの不正トラフィックを防止します。
ループガード、UDLD(Uni-Directional Link Detection)などループ防止のための各種機能を
実装するとともに、ストームコントロール機能でブロードキャストストームの波及を防止します。
IEEE 802.1X認証、Web認証に対応し、MAC VLANとの組み合わせでセンター認証を実現します。
また、業界標準のCLIを採用しAPIによるプログラム制御(XML、SOAP、netconf)に対応し管理
の自動化を実現することが可能です。SwitchBlade6700S/6300S は、部品点数の削減で装置
自体の消費電力を低減するとともに、動作周波数を落とし消費電力を低減しています(低消費
電力動作モード)。また、未使用ポートのディセーブル化により待機電力を低減するなど、省電力
化設計と低消費電力モードによる環境対策を実現しました。

シリーズ名               標準価格(税別) リリース日
SB6700S 8スロットシャーシ     8,000,000円~ 7月22日
SB6300S 4スロットシャーシ     5,000,000円~ 7月22日
SB6300S 8スロットシャーシ     5,500,000円~ 7月22日
※それぞれGigaT24ポート実装時の最小構成

--------------------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:0120-860442

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アライドテレシス株式会社の関連情報

アライドテレシス株式会社

アライドテレシス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!