アフィリエイトサービス『 JANet 』『 Smart-C 』が ASPインターネットのeコマースサイト構築運営サービス『SHOP-Maker』に対応

株式会社アドウェイズ 2008年07月23日

株式会社アドウェイズ(以下、アドウェイズ 本社:東京都新宿区/代表取締役:岡村 陽久)は、ASPインターネット株式会社(以下、ASPインターネット 本社: 福岡県福岡市中央区/代表取締役: 笹本 哲)と連携し、ASPインターネットが提供するeコマースサイト構築運営サービス『SHOP-Maker』に、PC向けアフィリエイトサービス『 JANet(ジャネット) 』とモバイル向けアフィリエイトサービス『 Smart-C(スマートシー) 』を簡単に導入できる機能を追加しました。
またモバイル向けには、商品リンク機能(※)にも対応しております。
これにより、『SHOP-Maker』ご利用者は、効果的に各商品の販売促進プロモーションを実施することが可能となります。
※【商品リンクとは】
販売サイトを紹介するバナー広告と違い、商品画像を使用して個別の商品を紹介し、画像から直接商品の販売ページへリンク出来るように設定されたシステムです。
販売サイトのトップページに誘導するバナー広告と比べて、購入までの手間が大幅に省かれるため成果に繋がりやすい広告の形式です。

■ SHOP-Makerについて (リンク »)
『SHOP-Maker(ショップメーカー)』は、8年の運用実績を誇るASPタイプのショッピングカートです。現在、インターネット上で年間約432億円もの流通を支えるなど、多くのネットショップの成功を実現し、高い評価を得ています。
カート機能以外でも、ショップ運営をトータルでバックアップする独自機能を多く実装。個人事業者でも導入しやすい低価格が魅力です。

また、今回『SHOP-Maker』ご利用の方で『 JANet 』『 Smart-C 』にお申し込みの方は、下記内容にて限定の割引プランをご用意いたしました。

【通常料金】
JANet  初期費用\52,500 / 月額費用\42,000
Smart-C 初期費用\52,500 / 月額費用\42,000
⇒合計:\189,000(税込)

【『SHOP-Maker』ご利用者限定プラン】
JANet 初期費用\31,500 / 月額費用\21,000
Smart-C 初期費用\31,500 / 月額費用\21,000

『JANet』『Smart-C』2つ合わせたご契約料金
初期費用\42,000 / 月額費用\31,500
⇒合計:\73,500(税込)【61%OFF】

『SHOP-Maker』ご利用者限定プランは下記よりお申し込みいただけます。
【 (リンク ») 】

□■□株式会社アドウェイズについて (リンク »)
2001年設立。Web媒体向けアフィリエイトプログラム「JANet」の運営をはじめ、国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム、「Smart-C」の運営、メディアの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。子会社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。2006年に東証マザーズ上場。
□■□ASPインターネット株式会社について (リンク »)
ショッピングカート「SHOP-Maker」をはじめ、ECサイトでのメール対応時に最適なメール管理サービス「問いマネ」、企業の採用活動を支援する採用管理サービス「Dot-Entry」などのASPサービスを多数展開。導入実績は全国20,000サイトにものぼる。
小規模事業者がビジネス展開時に直面する「専門知識不足」や「リソース不足」といった課題へのソリューションとして、低価格で導入できメリットも大きいASPサービスの開発・提供に注力している。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

株式会社アドウェイズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!