(i-mode・EZweb・Yahoo!ケータイ) 『デコデコメール』 「北京五輪特集」開始のお知らせ

日本エンタープライズ株式会社 2008年07月25日

 モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 植田勝典)は、i-mode、EZweb、Yahoo!ケータイ公式サイトとして提供中のデコメール総合サイト『デコデコメール』において、「北京五輪特集」コーナーを平成20年7月28日(月)より開始いたします。


●「北京五輪特集」コーナー概要

 平成20年8月8日から中国北京市で開催される「北京五輪2008」に合わせ、「北京五輪2008」に関連したデコメール素材を多数配信いたします。
「うたがめ」をはじめとするオリジナルキャラクターのデコメール素材も登場予定です。

競技デコメコーナー
オリンピックにて競われる幾つかのスポーツデコメール素材をピックアップし、配信をいたします。
<デコメール配信予定競技>
バレーボール/野球/卓球/サッカー/水泳/柔道/マラソン

応援デコメコーナー
選手達を熱く応援する「ガンバレ!日本」等の応援デコメールや勝利を思いっきり分かち合える「喜び」等の感情表現デコメールを配信いたします。

国旗デコメコーナー
日本・中国を含む全11カ国の国旗デコメ絵文字が、勢ぞろいです。

中国語デコメコーナー
開催地・中国にちなんで、中国語デコメを配信いたします。
一般的な挨拶を中国語のデコメールにてお楽しみいただけます。
同デザインの日本語デコメールもあわせて提供いたします。


皆さまのアクセスをお待ちしております。



●サイト基本情報
 『デコデコメール』では、当サイトのオリジナルキャラクター素材を中心に、手書き系、顔文字系等、豊富なバリエーションの素材でご好評を頂いております。現在、素材点数は約15,000点以上を取り揃えており、毎日3回の更新で新素材も続々追加。有料会員登録にて「デコメール」素材はもちろん、待受けFlashやFlashゲーム等の全ての素材をお楽しみいただけます。


・サイト名称
デコデコメール

・アクセス方法
i-mode(月額265円)
[iメニュー]⇒[メニュー/検索]⇒[デコメール]⇒ [イラスト] ⇒[iデコデコメール]
EZweb(月額265円)
[トップメニュー]または[au oneトップ] ⇒[カテゴリ検索]⇒[メール]⇒[デコレーションメール]⇒[総合]⇒[デコデコメール]
Yahoo!ケータイ(月額273円)
[メニューリスト]⇒[メールコンテンツ]⇒[デコレメール]⇒[イラスト・アート・フォト] ⇒[デコデコメール]

※月額会員にご登録いただくことで、全ての「デコメール」素材はもちろん、待受けFlashやFlashゲーム等をお楽しみいただけます。
※サイト閲覧、素材ダウンロード時には、別途パケット通信料が必要です。
※サイトのご利用に際し、各社のパケット定額制へのご入会を推奨します。




●本件に関するお問い合わせ先
【報道関係の方】
日本エンタープライズ株式会社 総務部 広報・IR課 【担当:松本】
TEL:03-5774-5730  FAX:03-5774-5735  MAIL: ir@nihon-e.co.jp

日本エンタープライズPR事務局(ランドジャパン内) 【担当:久保・渡邊】
TEL:03-5793-3500  FAX:03-5793-3511  MAIL: nihon-e_pr@rd-j.com

【一般の方】
日本エンタープライズ株式会社 サポートセンター
TEL:03-6830-0618  MAIL: dmail-s-q@nihon-e.co.jp




※ 「FOMA」「i-mode」「iメニュー」「デコメ」「デコメール」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
※ 「EZweb」「au one」は、KDDI株式会社の登録商標です。
※ 「Yahoo!」は、米国Yahoo! Inc,の商標または登録商標です。
※ 「Flash」は、Adobe System Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国々における商標または登録商標です。
※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

北京五輪特集

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本エンタープライズ株式会社の関連情報

日本エンタープライズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!