ネイキッドテクノロジーモバイルRIAプラットフォーム「Colors」α版を公開

~モバイルに豊かなユーザー体験、シンプルな拡張タグで~

株式会社ネイキッドテクノロジー 2008年07月28日

株式会社ネイキッドテクノロジー(本社:東京都港区、代表取締役:菅野龍彦)は、より豊かなモバイルWebのユーザー体験を実現するRIA※プラットフォーム「Colors」を開発し、NTTドコモの携帯電話に対応したクライアントソフト(iアプリ)のα版の無償配布を開始しました。

Colorsは、モバイルWebに特化したRIAプラットフォームとして、モバイルWebの操作性や表現力を向上させることを目的に開発されました。Colorsを活用するメリットには主に以下のものがあります。
・ サービスごとにカスタマイズされたユーザーインターフェースを、既存のHTMLコンテンツにColorsの拡張タグを追加して記述するのみで構築可能
・開発者に必要とされるプログラミング能力が平易なものとなるため、Flash(R)を利用し
  た場合と比較して、開発期間を大幅に短縮しコストを削減することが可能
・ Colorsのクライアントソフトがマルチプラットフォーム対応を実現するため、一つのソースコードで複数の携帯キャリア向けのサービスを提供可能
・ ユーザーの利便性を向上させることにより、コンテンツの魅力の向上、新規ユーザー獲得、サービスの利用頻度ならびに利用時間が増加し、より多くの収益機会をもたらします


ユーザーは、Colorsクライアントソフトを携帯電話にダウンロードすることにより、デスクトップWebで Adobe(R) Flash(R) やAjaxが実現していたような優れたユーザ体験を、モバイルWebにおいても得る事ができるようになります。現在、Colorsに対応したサービスとして、当社がデモンストレーション用途として開発した、Twitter(米 Twitter, Inc.)クライアント「twittie」と、Flickr(米Yahoo! Inc.)の写真閲覧サービス「flickkie」を利用する事が可能です。通常のWebサイトと、Colorsが実現したRIAサービスとの閲覧経験の比較を行っていただくことができます。
当社は、マッシュアップサービスを順次追加していく他、パートナーシップの拡大により、Colorsに対応するコンテンツ、サービスを拡充、早期に海外市場への展開を予定しています。また本年度中には、拡張言語仕様の公開やソフトウェア開発者向けのColors対応コンテンツの統合開発環境のリリースを予定しています。将来的には、ユーザーの行動履歴に基づくコンテンツマッチングサービスや広告配信サービスの提供、ソーシャルグラフに基づくユーザープロファイリング等、メディア・コンテンツ事業者を対象としたマーケティング・サービスの開発、プラットフォームへの実装を進めていく予定です。

ネイキッドテクノロジーについて
株式会社ネイキッドテクノロジーは、IPA未踏ソフトウェアプロジェクトで出会ったソフトウェア開発者が創業した技術ベンチャー企業です。モバイルWeb の閲覧経験をより豊かにするRIAプラットフォーム「Colors」を提供するほか、ソーシャルグラフを利用したユーザープロファイリングサービス、ユーザーサイドの情報管理の技術等、マーケティングに関するアルゴリズムの技術開発を行っています。
(リンク »)

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ネイキッドテクノロジー 担当:石井 (電話)03-5439-5961

Colors クライアントソフトの特徴
Colorsクライアントソフトは以下の二つの特徴を備えています。
1. モバイルWebに豊かな表現力を持たせ、優れたユーザビリティを実現
* 自由度の高いアニメーションの実現、多彩な表現を可能に
* 上下左右キーの活用などによりスムースで直感的な操作を実現
* タブやレイヤー表示等により少ないページ遷移で多くの情報提供が可能
* 非同期通信のサポートにより、ダウンロードの待ち時間を短縮
2. HTMLを拡張したシンプルな仕様。既存のコンテンツ資産を有効に活用
* 既存のHTMLファイルに拡張タグを記述するだけでモバイル向けのビューを定義可能
* コンテンツ資産の継承により、初期コストを押さえて効率的なサービス開発が可能

Colors クライアントソフトの入手~利用方法
Colors クライアントソフトは、NTTドコモの携帯電話(推奨動作環境:906i, 905i、706i、705iシリーズ、Doja バージョン5.0以上)向けiアプリとして無償ダウンロードによる配布を行います。
1. 携帯電話から (リンク ») にアクセス
2. Colorsクライアント(iアプリ)をダウンロードして起動
3. サービス一覧よりサービスを選択して利用
なお、KDDI(au)、SoftBank 対応のクライアントソフトについては本年度中の提供開始を予定しています。 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

画面キャプチャー

用語解説

※ RIA(Rich Internet Applications)とは、操作性や表現力に優れたWebアプリケーションのこと。PC向けのWebサイトでは Adobe(R) Flash(R) やAjaxなどが用いられることが多い。RIAプラットフォームとしてはMicrosoft(R) Silverlight(R) や、Adobe(R) AIR(R) などが市場に参入している。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネイキッドテクノロジーの関連情報

株式会社ネイキッドテクノロジー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!