ファーストデザイン(fast-d.com)がロゴデザインの受注可能デザイナー100人体制を整備

エフ・プラット株式会社 2008年07月30日

From PR TIMES

ファーストデザイン: (リンク »)


 エフ・プラット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:神部典之)が運営する、クリエイターを検索してチラシ・ロゴなどの各種デザインやイラスト、写真撮影を誰でも気軽に依頼できるウェブサイト「ファーストデザイン( (リンク ») )」の「ロゴ/マーク/名刺」カテゴリのプロフィール公開デザイナーが100人を超えました。

ロゴデザイン登録デザイナー一覧⇒ (リンク »)

 本サービスでは、プロフィール公開時に作品などの審査をするとともに、毎月、受注継続の意思確認をすることにより、常に受注を希望している質の高いデザイナーのみがプロフィールを公開しています。
 ファーストデザインには学生から一線で活躍するデザイナーまで、幅広い人材が登録しており、予算やテイストなどの面で、企業・個人の幅広いニーズに対応しています。

ロゴデザインの実績・お客様の⇒ (リンク »)

■ 「ファーストデザイン」利用の流れ

「ファーストデザイン」は、次のような流れで利用できます。

(1) カテゴリ選択
発注したいデザインをカテゴリメニューから選ぶ。デザイナーを検索して発注することもできる。

(2) デザイナー指名
選択したカテゴリのデータベースからデザイナーを指名する。
デザイナーが提示している料金の目安や作品、プロフィールを参考に、案件に合ったデザイナーを選択。
発注から納品まで全てインターネット上で完結するので、遠方や海外のデザイナーにも依頼できる。

(3) 注文内容入力
発注したいデザインの内容や予算、希望納期等を入力する。ここで入力した注文内容がデザイナーに送信され、ユーザーとデザイナー間のミーティングルームがネット上に作成される。

(4) 条件のすり合わせ
発注案件の料金、納期、著作権の扱い、納品物と提案数についてデザイナーとすり合わせ、双方の合意に基づいて正式発注する。
あいまいになりがちな著作物の取引を定型化、明文化することで、デザインの取引経験の少ない企業担当者や若手デザイナーでもトラブルのない取引ができる。

(5) 作業指示
ミーティングルーム上で作業指示を行い、デザインの制作作業に入る。
写真などの資料をデザイナーに送ることもできる。
アップロードされた資料やデザインは「データボックス」に保管でき、他のミーティングルームでの使用時や印刷注文時にアップロードの手間が省ける。

(6) 納品
デザインがミーティングルーム内で納品され、指定形式のデータでダウンロードできる。
デザインの修正が必要な場合は、規定の修正回数に沿ってデザインの修正を依頼できる。また、条件にない作業が発生した場合はデザイナーが追加料金を請求できる。


<エフ・プラット株式会社の事業について>
私たちエフ・プラットは、身近にある"創造性"をインターネットを活用して世界的に流通させる基盤となる「クリエイティブ・プラットフォーム」を提供するため、次のウェブサービスを展開しています。
(1) チラシやロゴなど、誰でも気軽にデザイナーを活用できる「ファーストデザイン」 (リンク »)
(2) クリエイター専門のSNS 型コミュニティ「マイデザインズ」 (リンク »)
(3) あったらいいなをカタチにするサイト「マイデザイン」 (リンク »)
(4) 出版できる本屋さん「マイブックル」 (リンク »)
===================================
<お問い合わせ先>
エフ・プラット株式会社  ファーストデザイン事務局:藤田 健
〒106-0032 東京都港区六本木6-11-16-404
URL: (リンク »)  TEL:03-3423-3016 Email:info@fast-d.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エフ・プラット株式会社の関連情報

エフ・プラット株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?