セキュリティ用のバイオメトリクスに対する支出は2013年に73億ドルへ

株式会社データリソース 2008年08月04日

米国の調査会社ABIリサーチ社は、バイオメトリクス関連技術の世界の支出額は2013年までに73億ドルに上昇すると報告している。

英国ロンドン、2008年7月25日
バイオメトリクス関連技術に対する関心と投資意欲が高まり、この分野への支出額は世界で2008年の約30億ドルから、2013年までに73億ドルに上昇するだろう。

2000年代始めにテロリズムが多発し、バイオメトリクスは関心を集めたが、販売や導入に至るまでには時間がかかった。一方、バイオメトリクスを導入したベンダやシステムインテグレータは、この技術の価値と効率性の証明や、マルチ技術とマルチベンダ機能を実現させるため、必死に努力してきた。

「今後5年間、バイオメトリクス技術の標準化への取り組みによって、バイオメトリックシステムの導入は大幅に増加するだろう」と主席アナリスト Jonathan Collins氏は言う。

公共と民間の両方におけるセキュリティー強化によって、市場は促進されるだろうが、より多くのシステムの相互運用が可能となることが、多くの技術規格の支えとなるだろう。

顔、虹彩、手形、音声認証システムが登場し、別々に導入されている。指紋も含めたこれらのシステムは、当分の間バイオメトリクスの主流であるだろう。だが、団体や企業が、施設、機器、データの安全を守るために、これらの技術のひとつひとつの可能性や、システムの効率性と信頼性を高めるために、これらの技術を統合する必要性を理解することが一層重要になりつつある。

日常のトランザクションの利便性、簡易性、速度を大幅に向上させる手段として、バイオメトリクスに対する関心が高まりつつある。バイオメトリクスは、セキュリティーだけでなくスピードアップやログインの簡潔化を目的にノート型パソコンや携帯電話で利用されている。一方、旅行者が空港をスムーズに通過できる「旅客登録」アプリケーションが登場している。

バイオメトリクスは、大規模な公共セクタのシステムを維持する従来の役割から、民間での小規模の導入や個人レベルへと拡大している。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「バイオメトリクス:指紋押捺、虹彩認識、顔認識などの公共・個人のセキュリティー技術」は、バイオメトリックデータの収集とアプリケーション管理に使用される技術を調査している。また、世界や業界の規格、主要ベンダ、バイオメトリクス市場の導入について記載している。世界の2007-2013年の予測を提供している。この調査レポートは「新技術年間リサーチサービス」と「RFIDと非接触商取引年間リサーチサービス」の一環である。

◆調査レポート
バイオメトリクス:指紋押捺、虹彩認識、顔認識などの公共・個人のセキュリティー技術 (リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!