子会社インターアクティブデザイン、コーポレートサイトを全面リニューアル

株式会社デジタルスケープ 2008年08月05日

From DreamNews

 デジタルスケープグループ企業である、システムソリューションの提供及びデジタルコンテンツの制作受託サービスを展開している株式会社インターアクティブデザイン(本社:渋谷区、代表取締役社長:中野正和、以下IADI)は、このたびIADIコーポレイトサイトの全面リニューアルと、Webソリューションのサイトを新規にオープンしましたのでお知らせいたします。

 デジタルスケープグループ企業である、システムソリューションの提供及びデジタルコンテンツの制作受託サービスを展開している株式会社インターアクティブデザイン(本社:渋谷区、代表取締役社長:中野正和、以下IADI)は、このたびIADIコーポレイトサイトの全面リニューアルと、Webソリューションのサイトを新規にオープンしましたのでお知らせいたします。


■IADIコーポレートサイト 全面リニューアル
(リンク »)  


当サイトリニューアルでは、サイト戦略から運用・評価まで、一流のソリューションをワンストップで提供するIADIのサービス内容を個々に詳しく解説。また、新規コンテンツとしてWeb担当者が自力でできるサイト改善策や、制作会社と共同でリニューアルを実施するときのポイントなど、サイト運営に役立つヒントをご紹介する「Web担当者のための実践ヒント」をスタート。今後も益々コンテンツの充実を図ってまいります。


<リニューアルキャンペーン>
 10月31日までの期間限定で、サイト診断無料キャンペーンを実施!この機会に是非ご応募下さい。
  (リンク »)



■Joomla!CMSラボサイトを新規オープン
(リンク »)

Joomla!は、オープンソースのCMSとして世界中の人々に使われているCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。今回のIADIウェブサイトリニューアル構築にも全面採用いたしました。


<Joomla!の特徴>
○自由度の高いデザイン
Joomla!はデザインの自由度が高いCMS。まるで洋服を着替えるように、メニューごとにデザイン・テンプレートを変更することができます。IADIでは、完全CSS対応のテンプレートを組み込んでいますので、通常のJoomla!に組み込まれている既存のテンプレートよりも、さらにカスタマイズ性に優れたWebサイト構築を可能にします。


○検索エンジンに強い
Joomla!はSEOに最適なXHTMLを自動的に吐き出すので、検索エンジン対策に高い効果を発揮します。また、SEO対策に最適な機能も数多く備えています。


○わかりやすい管理画面
Joomla!はの管理画面は美しいアイコンでメニュー別に分かりやすく設計されています。また、実際のコンテンツを作成するエディターも、「文字サイズの変更」「画像の貼り付け」「リンクを張る」「リストを作成する」「表組みを作成する」といった操作が非常に簡単。HTMLの知識がなくても、まるでワープロのような感覚でWebサイトのページを作成できます。


 インターアクティブデザインは、「情報社会のあしたに、新たな価値と感動をデザインする。」をミッションに、成果にこだわるWeb制作会社として、お客様と共にソリューションをカタチにしてまいります。


<当サービスに関するお問合せ>
株式会社インターアクティブデザイン Webソリューション事業部 担当/竹島類
TEL: 03-5459-0353(代表) e-Mail: website@iadi.co.jp


<当リリースに関するお問合せ>  
株式会社デジタルスケープ 経営戦略室 広報担当
TEL:03-5459-6201? e-Mail: pr@dsp.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社デジタルスケープの関連情報

株式会社デジタルスケープ

株式会社デジタルスケープの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!