By-Qホールディングス、農業自然体験を取り入れた企業研修を行う新会社「株式会社キュアリンク」を設立

株式会社By-Qホールディングス 2008年08月11日

From DreamNews

株式会社By-Qホールディングス(本社:東京都新宿区 代表取締役 大槻かつみ)は、2008年8月11日、農業自然体験を取り入れたメンタルヘルスケアなどの企業研修を行う新会社・株式会社キュアリンク(本社:東京都新宿区 代表取締役 杉本哲生 以下「キュアリンク」)を設立いたします。

≪設立の経緯≫

現代社会では、原油価格の高騰による物価の上昇や各国に見られる食糧危機、景気減速による雇用不安など、多くの社会的不安が現代人を取り巻いています。その中で、従業員の心の安定、充実した社会生活は、企業の成長としても必要不可欠なものとして捉えられるようになりました。

そうした状況を踏まえ、すでにアメリカの多くの企業が実践しているヘルシーカンパニーという考え方を日本にも浸透させること、そして人々の心と体を健康にすることを目的とし、農業自然体験を取り入れた企業研修などを行う新会社・キュアリンクを設立いたしました。


≪自然を活用した企業研修プログラム≫

キュアリンクは、企業研修プログラムのひとつとして農業自然体験による研修を盛り込み、企業に属する社員のメンタルヘルスケアと健康管理を行います。通常の社員階層別プログラムや職種別プログラムと同時に行うことで、社員の心が安定し、効率的育成、効率的活用を実現いたします。

また、企業研修プログラムはお客様のご要望に応じてオーダーメイドで構築し、満足度の高いサービスを提供すべく務めてまいります。


≪完全無農薬農作物を利用した健康管理プログラム≫

また、2008年より40歳以上の被保険者・被扶養者への検診と保健指導が健康保険組合より義務化されました。それに伴い、健康保険組合は2015年度の目標として生活習慣病患者(予備軍含む)の25%の減少と医療費6兆の抑制を掲げています。その目標遂行のために、肥満解消サービス・商品の需要が見込まれます。キュアリンクは健康管理プログラムの一環として、完全無農薬農作物を利用し、健康管理士と管理栄養士、臨床心理士が心と体の健康を管理いたします。なお、このサービスは医師の指導による万全な体制のもと、企業を始め、個人のお客様にも対象を広げて提供してまいります。



※ヘルシーカンパニー

健康管理が不十分なことによる医療費負担の増大や、従業員のストレスや鬱による過労死・退職は企業の大損失であると捉え、経営判断として従業員の健康増進を徹底しようという企業のこと。



■株式会社キュアリンク

本社所在地     東京都新宿区坂町27番地2

電話          03-5379-8781

代表者       ? 杉本哲生

設立年月日     2008年8月11日

資本金       ? 300万円 

サービス      ? 自然を活用した企業研修プログラムの提供、完全無農薬農作物を利用した健康管理プログラムの提供


■株式会社By-Qホールディングスについて
本社所在地     東京都新宿区坂町27番地2

電話        ?? 03-5379-8780
代表者       ? 代表取締役社長 大槻 かつみ
設立年月日     2005年4月1日
資本金       ? 1億9,590万円
子会社       ? 株式会社バイク急便、株式会社Qカーゴ、株式会社サイクル急便、株式会社あどQ、株式会社Q-代行、株式会社By-Qカーゴエクスプレス
URL  (リンク »)


<本件に関するお問合せ先>
株式会社By-Qホールディングス
電話 03-5379-8124 FAX 03-5379-8786
担当 経営管理グループ 広報 花田
e-mail info@by-q.co.jp


関連URL  By-Qホールディングス (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?