交通情報予測

株式会社データリソース 2008年08月20日

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが8月に刊行されました。

INRIX、TrafficCast International、Journey Dynamics等の交通情報プロバイダは、衛星による自動車の目的地までの所要時間に関する情報と、イベントの計画や天候、車種、運転行動等に関するデータを連動することによって、2009年に本格的な交通情報予測ソリューションを開始することが可能となった。改良型の最速ルート計算に向けたダイナミックルーティングと予定到着時刻(ETA)の精度、事前の走行計画、モバイル交通警報、 確かなジャスト・イン・タイムの経路設定によって、消費者もプロのユーザーも、燃料を節約して、無駄な時間を短縮できる。交通予測モデルの信頼性が向上して、料金を支払ってもサービスを受けたいという意識が高まり、ユーザー数は2013年までに300万に増加するだろう。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「交通情報予測」は、交通情報予測ソリューションの定義、利点、利用例を記載している。主要企業、交通製品のロードマップ、ビジネスモデル、主な課題も記載している。

◆調査レポート
交通情報予測:所要時間の履歴、リアルタイム、予測情報
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR