大人気恋愛アドベンチャー『そらのいろ、みずのいろ』のヒロインと麻雀で勝負! 『 あいらぶ麻雀 水島朝編 』ウィルコム公式サイト「Living Games」で配信!!

株式会社ワーカービー 2008年08月26日

株式会社ワーカービー(東京都千代田区、代表取締役:加藤祐司)は、ウィルコム公式サイト「Living Games」(リビングゲームズ)にて、8月26日より『 あいらぶ麻雀 水島朝編 』を配信開始しました。

■概要
PCゲーム『そらのいろ、みずのいろ』の世界を舞台に、登場ヒロインと熱い麻雀バトル!プレイヤーは物語の登場人物となり「水島朝」と本格麻雀勝負をします。Tony原画による美麗なグラフィックが物語を盛り上げる!クリアすると待受け画像をゲットできるご褒美も!

■特長
1) 恋愛アドベンチャー「そらのいろ、みずのいろ」原作のオリジナルアプリ!!
PCゲームで大人気の恋愛アドベンチャー「そらのいろ、みずのいろ」を原作に、ヒロインのひとり、水島朝と2人打ち麻雀対戦を行います。原作ファンはもちろんのこと、新規ファンにも分かりやすい内容となっております。

2) 人気イラストレーターTonyが描く、美しいグラフィック達!!
PS2ソフト「シャイニング・ウィンド 」などで有名な人気イラストレーター、Tony原画による美麗グラフィックを携帯アプリで余すことなく堪能できます。

3) 高画質な待受画像がダウンロードできる!!
選択肢によるシナリオ分岐、また2つのエンディングなどがあり、各々で見る事のできるイベントCGなどが変わります。CGギャラリーを全部集めたり、チャレンジモードを全クリアすると、Tony原画による美しい待受画像をダウンロードできるようなります。

4) 勝負を分ける多彩なルール!!
ただの麻雀対局ではなく状況により、リーチ禁止やロン禁止などプレイヤーの行動が制限されます。普通にはない新感覚で麻雀をプレイできます。


■主な仕様
○対応機種
Advanced/W-ZERO3[es]、W-ZERO3[es]、WX330K

○料金
315円(税込)/ダウンロード

○アクセス方法
「ウィルコム公式サイト」→「ゲーム・アプリ」→Living Games

―――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワーカービー 担当:加藤
Tel/Fax: 03-3237-0233 e-mail: info@livinggames.jp
〒102-0074 東京都千代田区九段南 4-6-10 近清堂ビル 5F
(リンク »)
―――――――――――――――――――――――――――

このプレスリリースの付帯情報

あいらぶ麻雀 水島朝編

用語解説

■「Living Games」概要
(リンク ») (PC, ケータイ共通)
国内に限らず海外で大ヒットを記録し高評価を得ているゲーム、もしくはゲーム性の高いコンテンツを収集し、当社のノウハウを加え、日本で配信しています。また、高品質なFlashコンテンツを無料で提供するLiving FLASHでは、配信中のアプリをモチーフとしたものや、サッカー関連やシーズン毎の待受FLASH等、充実した内容となっています。


■株式会社ワーカービー概要  (リンク »)
株式会社ワーカービーは、モバイル端末の開発を行っていたチームが中心となり、2003年11月に設立しました。ゲームなどのコンテンツ開発にとどまらず、海外コンテンツの国内配信移植および配信サポート、また楽天証券様の「iSPEED」、カラージップ様の「ColorCode Reader」といったビジネス向け携帯アプリの開発を積極的に展開しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ワーカービーの関連情報

株式会社ワーカービー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?