株式会社gumi、gumiプラットフォームにおける 初のアプリケーションをリリース

動画、音楽、ゲーム、占い、診断、デコメなど、若年モバイルユーザー層にマッチするサードパーティー製アプリケーションを中心に、年内500アプリケーションを投入予定。

株式会社gumi 2008年08月29日

株式会社gumi(東京都目黒区、代表:国光宏尚)は2008年8月28日、同社の運営する携帯SNS&エンタメナビ「gumi」において、去る8月8日に発表した「gumiプラットフォーム」上で動作する初のアプリケーションをリリースした。

今回リリースしたアプリケーションは以下の通り。

●画像検索くん
ネット上から画像を検索できる。ユーザーに人気のキーワード、最新の検索結果が分かる。

●早押Q
ユーザー参加型の早押しクイズアプリケーション。回答の早さによる全参加ユーザー順位付け、期間内の順位やが分かる。

●名刺ごっこ
架空の名刺を独自のアルゴリズムで作成、結果をユーザー同士で参照可能。

●私の一日メーカー
サードパーティ製(株式会社クリエイティブクラス社)のアプリケーション。テレビやブログで話題の同サービスをgumi用にローカライズ。

今後は動画、音楽、ゲーム、占い、診断、デコメなど、若年モバイルユーザー層にマッチするサードパーティー製アプリケーションを中心に、年内500アプリケーションを投入予定。

【gumiプラットフォーム仕様】
こちらから詳細資料を誰でも閲覧可能
(リンク »)

《ご担当記者様へ》 
携帯サイトに関する情報、モバイル向けのSNS・ブログサービスの情報、エンターテインメントとインターネットの融合、リアルな集客とモバイル向けプロモーションの情報としてご活用ください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
≪プレスリリースに関するお問い合わせ≫
株式会社gumi 広報担当迄
東京都港区麻布十番1-3-2 3F 
TEL: 03-5468-7178 /  FAX:03-3586-4329 / E-mail:info@gu3.jp

用語解説

【gumiプラットフォームとは】
元来、携帯電話上ではJavaScriptが使用できないが、gumiプラットフォーム上では、RESTful APIを使用することにより、OpenSocialに準拠したアプリケーションの実装が可能。また、gumi上のユーザー情報のAPIは公開されており、誰でも簡単にソーシャル・アプリケーションを作成することができる。(実際、上記各アプリケーションの開発期間はそれぞれ3~5日程度。)

またホスティング環境としてGoogle App Engineが利用可能。もちろん、必要に応じて開発者自身のサーバーでアプリケーションをホストすることもできる。

また、サードパーティにおける運用の自由度は高く、例えばアプリケーションから自社サイトへのリンクを設置したり、広告を設置することも可能。

※OpenSocialは、Google, Inc.が提唱し、MySpace, Friendster, Oracle, Six Apartなどが支持を表明しているSNS向けAPIの共通規格。

【携帯SNS&エンタメナビ「gumi」】
「gumi」は、テレビ、スポーツ等のエンターテインメントコンテンツを中心にユーザー同士がコミュニケーションするための携帯電話特化SNSである。いつでも持っている、常時接続、という携帯電話の特性を活かし、どこでもユーザ同士がやり取りができる手軽さにより、2007年6月のサービス開始以降、利用者の数、ページビュー共に月々倍増している。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社gumiの関連情報

株式会社gumi

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?