ホットスポットのアクセス収益は利用増加のペースに遅れを取る

株式会社グローバル インフォメーション 2008年09月04日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社In-Statの発行する最新の英文調査報告書「2008 Global Hotspot Market--A Time of Change and Growth」の販売を開始いたしました。
米国のハイテク市場調査会社In-Statが発行した報告書「2008 Global Hotspot Market--A Time of Change and Growth」によると、公共のワイヤレスLANアクセスを提供するホットスポットの数は世界的に増加を続けており、より多くのユーザーが利用していますが、アクセス収益は利用の増加に遅れをとっています。同社のアナリストDaryl Schoolar氏は、「この傾向によって、ホットスポットのオペレーターは利益を生む他の方法へ転換しようとしています。」また、「オペレーターは、固定およびモバイルブロードバンドといった、他のサービスを付けたバンドリング・ホットスポット・アクセスを始めています。これは、消費者が別料金を払うことなくホットスポットにアクセスすることが可能で、またオペレーターは、消費者が購入に積極的である大きなサービスパッケージへサービスコストをバンドルすることで、ある程度のアクセス収益を生むことが出来ます。」と述べています。

同報告書による調査結果:◇利用者はホットスポットを個人的な理由で利用している。
◇調査回答者は有料のホットスポットアクセスについて難色を示しており、50%近くの回答者が無料のホットスポットのみを利用すると回答。 ◇アクセス収益は、競争の激化および利用者が支払いに消極的なことにより減少する。「2008 Global Hotspot Market-A Time of Change and Growth」は、世界のワイヤレスホットスポット市場を対象としており、ユーザーがどこでどのように利用しているのか、またホットスポットサービスへ積極的に支払う意思があるかに関するエンドユーザーデータを提供しています。オペレーターがどのようにビジネス戦略を変更するかについてのサプライサイド分析、またホットスポット収益およびアクセス収益についての世界市場予測も提供し、同社による米国消費者の調査結果も提供しています。【 英文市場調査報告書 】2008 Global Hotspot Market--A Time of Change and Growth世界のホットスポット市場:2008年 - 変化と成長 (リンク »)
【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!