近距離無線(NFC)を搭載した携帯電話の利用者数は5年で7億に

株式会社データリソース 2008年09月18日

英国調査会社ジュニパーリサーチ社は出版レポート「モバイル決済市場調査: 非接触型NFC (近距離無線) アプリケーションと市場予測 2008-2013年 - Mobile Payment Markets: Contactless NFC 2008-2013」のプレスリリースにおいて、世界のNFC非接触技術を搭載した携帯電話の利用者数は、2013年には7億に増加するという予測結果を発表した。

英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポート「モバイル決済市場調査: 非接触型NFC (近距離無線) アプリケーションと市場予測 2008-2013年 - Mobile Payment Markets: Contactless NFC 2008-2013」は、世界のNFC非接触技術を搭載した携帯電話の利用者数は、2013年には7億に増加すると予測している。ユーザーはNFCによって、飲食物や切符などの低料金の商品の支払いを携帯電話でできるようになるだろう。

ジュニパーリサーチ社の「モバイル決済」シリーズの2番目であるこの調査レポートは、NFCモバイル支払いサービスは、チップ、端末、サービス提供において非常に大きなビジネスチャンスであり、2011-2013年に市場はブレイクするだろうとしている。

調査レポートの著者Howard Wilcox氏は、「NFCは、日々の切符などの少額の購入を簡便にする可能性の高い、おもしろくて多機能な技術である。将来的には、NFC携帯電話にスマートポスターや広告を載せるような新しいサービスも始まるだろう。ロンドンのOysterカードや、O2 Walletの実証実験でもNFCの将来性は確実である」と語る。

この調査レポートは下記についても調査した。
■ NFC非接触技術を搭載した携帯電話は、2013年に世界で7億に到達するだろう
■ 市場は現在、日本のNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのネットワークによるフェリカが支配的である。今までに出荷されたフェリカ機能のある携帯電話は5千万台とみられる
■ 北米、西欧、極東、中国は、2013年までは総NFC携帯電話出荷数の25%を上回る主要な地域であるだろう

しかし、今までのトライアル結果は成功しているものの、今後2年程度の市場促進を左右する重要な要因が2つあるとしている。NFC携帯電話の機能と店舗等へのNFCリーダーの普及速度である。NFCのエコシステムは、世界で実施されているトライアルによって増加した勢いがそのままフルサービス提供に変われるか否かにかかっている。
調査レポートは、物品やサービスのNFCモバイル支払いの6年間の地域毎の予測と、デバイス出荷数、加入者数、送金規模、市場の先進的な企業のケーススタディを詳述している。


[調査レポート]
モバイル決済市場調査: 非接触型NFC (近距離無線) アプリケーションと市場予測 2008-2013年
Mobile Payment Markets
Contactless NFC 2008-2013
(リンク »)

ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!