SOYApp等新機能を追加、お問い合わせ管理等の 機能をCMSと連携して実現 京大発ベンチャー、純国産オープンソースCMSをバージョンアップ

株式会社日本情報化農業研究所 2008年09月26日

株式会社日本情報化農業研究所(京都市左京区 京都大学VBL二階)は26日、同 社が中心となり開発を進めている純国産オープンソースCMS、「SOY CMS」の新 バージョンをリリースいたします。

「SOY CMS」はデザインと動作、サイト構成とコンテンツをそれぞれ可能な限り
分離していることを特徴とする汎用CMSです。そのことによって最適なデザイン
と情報設計とをCMSの機能に制限を受けることなく自由に行うことが可能にな
り、CMS導入時のコストも大幅に削減することができます。また、ユーザイン
ターフェイス設計にも配慮しているため、システム利用に不慣れなユーザにも使
いやすいようになっています。

今回のバージョンアップの主な内容は下記のとおりです。

・サイト内リンクの自動生成機能を強化しました。
・管理画面デザインの視認性・操作性を向上させました。
・「SOY App」という、プラグインとして実現するには規模の大きすぎるシステ
ムを半独立のアプリケーションとして組み込むことができる仕組みを実装いたし
ました。
・バグの修正を行いました。

「SOY App」に関しては
・お問い合わせフォーム作成・履歴管理システム
・メール一括配信システム
・掲示板作成システム
の三つのソフトウェアの開発を完了させております。これらは当面問い合わせの
あったユーザに対する配布のみを行う予定で、一般配布の開始は10月末頃を予定
しております。なお、ライセンスは各アプリケーションごとに異なります。

現在、株式会社日本情報化農業研究所では同CMSのカスタマイズ・プラグイン開
発をお受付しておりますが、今後はWebサービスを展開したい・Webメディアを持
ちたい非技術系の企業に対する動作エンジン部分の供給等も行っていく予定です。

<配布版ライセンス>
下記二種類のライセンスを選択いただけます。

GPL ver.2 無償
有償ライセンス 52500円 サポート180日以内3インシデントまで無料

<法人概要>
名称  株式会社日本情報化農業研究所
所在地 京都市左京区吉田本町京都大学VBL2階
代表者 古莊貴司(ふるしょうたかし)
Webサイト (リンク »)

<本件に関するお問い合わせ>
電話 075-204-4823
FAX 075-201-1332
担当 宮澤了祐(みやざわりょうすけ)

SOY CMS 公式サイト  (リンク »)
SOY CMS フォーラム  (リンク »)
SOY CMS お問い合わせメールアドレス soycms@n-i-agroinformatics.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日本情報化農業研究所の関連情報

株式会社日本情報化農業研究所

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!