編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2008年国際放送機器展(InterBEE 2008)出展のお知らせ テーマは「ストレージとファイル共有~プロからの提案~」

エムアイシー・アソシエーツ株式会社

2008-10-16 00:00

アイシー・アソシエーツ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:藤井 道雄)は、 JEITA社団法人電子情報技術産業協会主催2008年国際放送機器展 International Broadcast Equipment Exhibition 2008 (略称) Inter BEE 2008に出展致します。

会期: 2008年11月19日(水)~21日(金)
会場時間:19日・20日 10:00~17:30
      21日    10:00~17:00
会場:  幕張メッセ
弊社ブース: ホール4 小間番号4202

InterBEE 2008では、「ストレージとファイル共有~プロからの提案~」をテーマに、各種ストレージとSANによるシステム環境でのデジタルコンテンツ共有による生産性向上の為の アイディアをご紹介いたします。

デジタルコンテンツをスムーズに取り扱う為にはアプリケーションが走るワークステーションだけでなく、それをささえるネットワーク、ストレージ部分などシステム全体のバランスある統合が重要です。

4K、 2K、 HDと大容量データを扱う現場では、データ取扱いに関わるシステム、オペレーターの負荷が増大し、それぞれのアプリケーションに精通するだけでは対応しきれない問題も解決していかなければ なりません。

エムアイシー・アソシエーツは、ストレージ、SAN環境構築のプロフェッショナルとして、デジタルコン テンツ用システム構築を行っていらしゃるプロフェッショナルな方々のお手伝いをいたします。
デジタルコンテンツの処理を迅速に行い、 大容量データを安全に保存し、より高い生産性を目指すシステム プランニングから、構築作業、更に、その後のサポートにいたるまで、プロセスを共有してお手伝いをいたします。

「ストレージ、ネットワークにボトルネックの問題を抱えている」、「現状より速くコンテンツを処理できるシステムフローはないか」など、各種課題を弊社ブースでお聞かせください。

今回の弊社ブースでは「XRS 高性能RAIDストレージファミリー」、大容量データ保存に最適な「蔵」シリーズ 、OS混在環境で高速ファイル共有が可能なSAN管理ソフトウエア「metaSAN」「metaLAN」のご紹介をいたします。


詳細につきましては、下記リンクもご参照ください

XRS 高性能RAIDストレージファミリー  (リンク »)
SAN管理ソフトウエア「metaSAN」「metaLAN」  (リンク »)
「蔵」シリーズ   (リンク »)

【本件リリースに関するお問い合わせ先】
エムアイシー・アソシエーツ株式会社
住所  : 東京都中央区東日本橋3-12-12 櫻正宗東日本橋ビル9F
web  : (リンク »)
E-mail : info@micassoc.co.jp
Tel  : 03-5614-3757
Fax  : 03-5614-3752
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]