調査結果「こんにゃくゼリー窒息事故、再発防止に重要なのは『消費者側の注意』7割半」

株式会社アイシェア 2008年11月05日

こんにゃくゼリーを食べて起きた窒息事故についてアンケートを集計したと ころ、メーカーによる消費者側への注意勧告は6割弱が「十分な対応が出来て いた」と答えており、「販売を停止するべき」とする人はほとんどいなかっ た。再発防止に最も重要なことについて、7割半が「消費者側の注意」と答え、 「メーカーによる製品の改善」は2割弱にとどまった。メーカーや行政の対応 任せではなく、消費者サイドでも意識的に事故を防ごうとする姿勢が伺えた。

 こんにゃくゼリー窒息事故
         再発防止に重要なのは「消費者側の注意」7割半
 発表URL: (リンク »)

<調査概要>
こんにゃくゼリーをのどに詰まらせ男児が窒息死した事故を受け、マンナン
ライフは事故の原因となった「蒟蒻(こんにゃく)畑」の製造を中止した。
この事故をめぐる一連の騒動について、ネットユーザーはどう感じているの
だろ
か。

有効回答を得たネットユーザー男女445名のうち、「蒟蒻畑」を食べたことが
あるのは84.3%。女性では90.4%にのぼり、広く親しまれた商品であること
が伺えた。「蒟蒻畑」以外も含め、こんにゃくゼリーを食べたことがあると
した回答者389名に、「どのくらいの頻度で食べるか」を聞いたところ、「年
数回」が最も多く48.0%。「年1回以下」が35.2%で続いた。

「事故の再発防止として最も重要だと思うこと」は、全体の76.6%が「消費
者側の注意」と回答。「メーカーによる製品の改善」の16.9%、「法規制」
の0.9%を大きく上回った。また「メーカーによる消費者側への注意勧告」に
ついては、半数以上の57.5%が「十分な対応が出来ていたと思う」とした。
事故を受けて製造中止となった「蒟蒻畑」だが、ユーザーの多くは、自主的
な注意が再発防止に最も重要だと認識しているようだ。

また「製造中止」からさらに踏み込んだ「販売停止」の意見が出ていること
について、「停止するべき」と賛成の意向を示したのはわずかに1.8%。「製
品の質や大きさを見直すべき」とする人が35.7%を占めたが、「現状のまま
で良い」とする意見も33.3%でほぼ同率だった。

今回の調査では、有効回答者の過半数がメーカー責任は果たされていたと考
えており、商品自体も否定されていない。食品にまつわる事故が多発する昨
今、メーカーや行政の対応任せにせず、自らが感度を高め、事故を防がなけ
ればならないとの消費者意識が伺える結果となった。

<調査データ>
・マンナンライフの「蒟蒻(こんにゃく)畑」を食べたことはありますか?
・事故の再発防止として、何が最も重要だと思いますか?
・メーカーによる消費者側への注意勧告はどうだったと思いますか?
・「蒟蒻畑」を販売停止にする意見に対し、あなたはどう思いますか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:445名
調査日:2008年10月21日~23日
男女比:男性:55.7% 女性:44.3%
年代比:20代:14.2% 30代:43.1% 40代:36.4% その他:6.3%

 ────────────────────────────────
 「こんにゃくゼリー窒息事故に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR