編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

アクシイズ、エントリーフォームの入力支援、最適化に向けたログ解析を行なうCONDUCTOR EFOを正式リリース!

株式会社アクシイズ

2008-11-07 15:00

株式会社アクシイズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO 海野 雄史、以下アクシイズ)は、エントリーフォームの入力支援、最適化に向けた解析を行なうASPソリューション、 「CONDUCTOR EFO(Entry-Form Optimization)」をリリースした事を発表いたします。
アクシイズでは、今までおもにサイトのランディングページ(入り口ページ)に最適な情報を表示させるソリューションCONDUCTOR LCOにて、直帰率改善⇒コンバージョン増加を実現するサービスを提供してきました。そして更なるご要望として導入企業様より「ランディングページだけでなく、サイトのゴールであるエントリーフォーム向けのソリューション」の提供を望まれておりました。

今回リリースされたCONDUCTOR EFOを併用することで、サイト入口からゴールまでのワンストップソリューションが実現可能となります。


●既存の入力フォームをそのまま利用
「CONDUCTOR EFO」の導入は、既存ページに所定のタグを挿入することで動作するシンプルな設計となっております。既存フォームの改修を必要とせず、容易に導入が可能となります。

●仮想環境下での確認テスト
実サイトにタグを挿入する前に、ローカルPC上での動作確認が可能です。導入決定後に各種設定作業で手間取ることなく、事前に様々な実装実験・確認などが可能となります。    

●最適化に適した数値をログ解析
ユーザー様が実際に入力したデータだけでなく、入力箇所別のエラー回数、離脱回数などの解析が可能です。これらの計測データに基づいて、各種フォーム内のボトルネック部分の修正・改善を行なう事が可能となります。

●CONDUCTOR LCOとの連携
CONDUCTOR LCOと連携させることで、属性ターゲティングを行なう事も可能となります。例えば、エントリーフォーム上で「北海道在住 無料サンプル請求 20代女性」と入力した属性層に対してのみ、「TOPページで通常と異なるコンテンツを表示させる」といった施策展開が簡単に行なえます。

                                                            以上

【株式会社アクシイズ】
所在地:  東京都渋谷区恵比寿西2-7-2 ウインズビル5F
資本金:  142,500千円
事業内容:・「CONDUCTOR LCO」を中心とするランディングページ最適化システムの開発・販売
       ・「CONDUCTOR AD 」を中心とする広告配信システムの開発・販売
       ・Webサイト制作/ランディングページ制作等、各種サイト制作業務全般
取得特許:特許第3616022号                         

用語解説

EFO:(Entry-Form Optimization)エントリーフォーム最適化の略。エントリーフォームのレイアウトや
入力項目の設定、入力支援機能などによりフォームの最適化を図り、入力フォームでの離脱率の改善を図る取り組みの事。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]