11月26日 第5回 月刊インタラ塾 『広告営業力 ― 風とバラッド/ワイデン+ケネディトウキョウ編』

http://www.intarajyuku.net/081126/index.html

株式会社ピクルス 2008年11月20日

Web広告に携わっている方々へ向けて、広告制作におけるポイントやヒントをお伝えするイベントです。

■『月刊インタラ塾』とは

昨今、マス広告のあり方が大きく変化し、Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中、「マーケティング」「広告代理店」「広告制作」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など、役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い、開催致しました。また、このイベントをきっかけに、次代を担う人がでてきてくれればと願い、微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

毎回、メインゲストには、カンヌ国際広告祭、One Show、東京インタラクティブ・アド・アワードなど、数々の広告賞を受賞し、業界の第一線で活躍し続けているプランナーやクリエイターの方々をお招きしております。
 ゲストの方が携わった新しい広告コミュニケーションやアイデアの発想方法など、広告制作において肝となる部分から、すぐに使えるTIPSなど幅広くお話ししていただいております。

また、メインゲストの他にも『ファイブミニッツプレゼン』という、一線でご活躍されている方をゲストとしてお招きし、5分間のプレゼンをしていただいております。日々の業務の中ですぐ使えるTIPSやモチベーションの管理方法など多岐にわたってお話いただいております。また、『ファイブミニッツプレゼン』は参加者を常時サイトで募集しております。


◆開催概要◆
『広告営業力 ― 風とバラッド/ワイデン+ケネディトウキョウ編』

第5回目の月刊インタラ塾は「広告営業力 - 風とバラッド/ワイデン+ケネディ編」と題して、「風とバラッド」の戸練直木氏と「ワイデン+ケネディトウキョウ」の松永有子氏のお二人がゲストです。大手広告代理店を離れ現在クリエイティブエージェンシーで営業として活動する二人に、激変する広告業界を広告営業の視点から語っていただきます。「大手広告代理店の営業と、クリエイティブエージェンシーの営業の違いとは?」「これからの「営業」に求めらられるのはクリエイティブ能力?」「マス広告出身とウェブ広告出身のクリエイティブはどう違う?」など、大手を離れたからこそわかる「クライアントへの新しい責任の果たし方」ついて、多岐に語っていただく予定です。

現在、広告営業に携わっている方からフリーランスのクリエイターの方まで、次代のコミュニケーションの形を知れる貴重な機会です。是非、足をお運びください!


・戸練 直木氏 プロフィール
(風とバラッド株式会社/アカウントプランナー、kazepro/代表取締役)

1986年、第一企画株式会社(現・ADK)に入社。大阪支社・営業部に配属される。
93年、東京本社へ異動。日清製油(現・日清オイリオグループ)の担当に。99年旭通信社と第一企画が合併し、社名はADKヘ。この頃、DDIを担当し、cdmaOneの市場導入を実施。04年、auのコンペで「風とロック」箭内道彦氏と組み、音楽キャンペーンを獲得。この出会いをきっかけに、同年ADKを退社。「風とバラッド」の設立に参加した。
現在は風とバラッド・アカウントプランナー兼、風グループのkazepro代表取締役、プロデューサーとして多忙な日々を過ごしている。

・松永 有子氏 プロフィール
(Wieden+Kennedy Tokyo/アカウントスーパーバイザー)

10歳から高校までを香港で過ごした後、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2000年株式会社博報堂に入社。2年間のシステム部門での業務システムの開発経験後、営業部へ転局しデル、ディノス他、国内外ブランドの営業を担当する。2006年6月に、ワイデン+ケネディトウキョウに転職。AQUOSのグローバルブランド広告担当を経て現在はGoogle Japanのブランド戦略及び広告制作実務の全体統括をしている。

『ファイブミニッツプレゼン』
・トミモトリエ(皮肉屋)
「皮肉屋流自分マーケティング」
実績もスキルもない自分を売り出す、新しいプロモーション方法を考えてみました。

・鈴木拓生(株式会社リクルートメディアテクノロジーラボ)
「コラボレーション視点で企画する」
コラボレーションしなきゃ生まれない企画のお話をします。

・長澤 龍(株式会社ハドソン宣伝本部宣伝部 マーケティンググループ)
「こんなエージェントと仕事がしたい!」
プロモーションプランを検討する際に気になるポイント


◆実施概要◆

■開催日時
:2008年11月26日(水) 18:30~20:00(18:00開場)

■開催場所
:Apple Store 銀座 3F
(〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館3F)

■最寄り駅
:銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅を下車、A13番出口から徒歩2分
:有楽町線「銀座一丁目」駅を下車、徒歩3分
:JR線「有楽町」 駅を下車後、徒歩8分

■参加料
:無料

■定員
:200名(座席数 84席)

■主催
:kurukuru( (リンク ») )

■運営
:株式会社ピクルス( (リンク ») )

【株式会社ピクルス 会社概要】
名称:株式会社ピクルス
本社住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-25-14 関根ビル6F kurukuru
設立:2003年9月
資本金:1,000万円
代表者:代表取締役社長 田中 稔
URL: (リンク »)

【 本件に関するお問い合わせ先 】
株式会社ピクルス
広報担当: 高橋 晋一朗
tel:03-6421-7210
fax:03-6421-7211
e-mail:info@intarajyuku.net

このプレスリリースの付帯情報

メインゲストの戸練直木 氏、松永有子 氏

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ピクルスの関連情報

株式会社ピクルス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR