フラグシップ、モバイルサービス『ぺとでんメッセージ』にて新コーナー開始~ ボイスチェンジ機能を追加、より楽しい声メッセージが可能に!~

株式会社フラグシップ 2008年11月27日

インターネットを中心に、コミュニケーションサービスを展開する株式会社フラグシップ (本社:東京都港区、代表取締役 泉 清崇、以下flagships)は、「しゃべるメール」を作成・送信できる携帯電話メッセージサービス『ぺとでんメッセージ』において、サイトのリニューアルと共に、ボイスチェンジなどを含む3つの新コーナーを開始しました。

今回スタートした3つの新しいコーナーは、①利用者が「しゃべるメール」を簡単に体験出来る『簡単メッセージ』、②音声を面白く変えて楽しむボイスチェンジを実装した『変声メッセージ』、③テキスト入力など多彩なデコレーションが楽しめる『デコ声メッセージ』となります。それぞれの新コーナーは、利用者が音声を使ったコミュニケーションを楽しむ事を目的に、日常の利用シーンや利用者からの要望に合わせて新たに機能追加やサイトデザインを設計し、リニューアルした形で展開します。利用料は全て無料です。

flagshipsは今後も、クリスマスやバレンタインなどの季節イベントや音声メッセージをより楽しめる新しいコンテンツなどを随時追加していきます。『ぺとでんメッセージ』を通して、気持ちが伝わる新しい音声コミュニケーションサービスを提供していきます。

■『ぺとでんメッセージ( (リンク ») )』とは?
利用者が携帯電話で録音した音声をペット・キャラクター利用して相手に送れる新感覚の「しゃべるメール」サービス。音声に加え、ペットの表情を変えたり、テキストを追加することで世界で1つだけのオリジナルメッセージを作成できます。

■新規追加コーナー詳細
『簡単メッセージ』: ペットの表情を選択してメッセージを簡単に作成・送信できます。
『変声メッセージ』:音声を面白い声に変えてメッセージを送ることができます。
『デコ声メッセージ』:音声メッセージにテキストや素材などを追加し、メールのデコレーションができます。コンテンツは随時追加予定です。

■『ぺとでんメッセージ』アクセス方法
―携帯電話から (リンク »)
―パソコンから (リンク »)

■『ぺとでん』シリーズについて
 ペットキャラクターがコミュニケーションを楽しくするサービスを展開中
 ◇ しゃべるメール『ぺとでんメッセージ』(携帯サービス)
 ◇ しゃべるブログパーツ『ぺとでんブログパーツ』(携帯&PCサービス)
 ◇ 電話をもっと楽しく!『ぺとでんコール』(PCサービス)
 (『ぺとでん』紹介ページ : (リンク ») )

■アライアンスパートナー:「TEAM fF」
 『ぺとでん』シリーズは、有限会社フィッシュグローヴ(本社:東京都港区、代表取締役:織田 崇義、以下、FISHGROVE)が技術パートナーとして参画。flagshipsとFISHGROVEで「TEAM fF」として運営しています。
 ・株式会社フラグシップ: 企画、営業、運営 / (リンク »)
 ・有限会社フィッシュグローヴ:開発、運用 / (リンク »)

◆株式会社フラグシップとは
flagshipsは、「利用者の願いをカタチにするサービスのデザイン」をキーワードに、新しいライフスタイルに合わせた利用者視点のインターネットサービス提供を目的に、2008年3月に設立しました。主にコミュニケーションを中心に、センサー/フィジカルコンピューティング領域の技術を活用し、マルチメディアに対応したサービスの提供を行っています。

【 会社概要 】
 会社名 : 株式会社フラグシップ
 設立  : 2008年3月14日
 所在地 : 東京都港区高輪1-4-3
 代表者 : 代表取締役 泉 清崇
 事業内容: 1.インターネットサービスの企画、デザイン、開発、運営支援
       2.コミュニケーションメディアサービスの提供
 URL   : (リンク »)

【 本件に関するお問い合わせ先 】
 株式会社フラグシップ 担当: 長田
 tel:03-5980-8104  fax:03-5980-8147
 e-mail:public_relation@f-ships.com

このプレスリリースの付帯情報

新コーナーメニュー

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フラグシップの関連情報

株式会社フラグシップ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR