フラグシップ、ケータイで音声付き年賀メールが送れる『ぺとでん年賀状』を開始~ 2009年のお正月は、あなたの声で新年の挨拶を届けよう ~

株式会社フラグシップ 2008年12月25日

インターネットを中心に、コミュニケーションサービスを展開する株式会社フラグシップ (本社:東京都港区、代表取締役 泉 清崇、以下フラグシップ)は、同社が運営している『ぺとでんメッセージ』( (リンク ») )において、お正月やバレンタインなどの季節イベントに合わせて音声付きグリーティングメッセージを作成・送信できる新企画として、まずはお正月に合わせた『ぺとでん年賀状』を12月25日から開始します。

『ぺとでん年賀状』は、ケータイの動画撮影で録音した音声メッセージをメールに添付して送ると、音声に合わせてキャラクターがしゃべる年賀メールを簡単に作成でき、家族や友達など大切な人に向けて送ることが出来ます。声とデコレーション素材を組み合わせることで、文字だけでは伝えきれない想いを表現する事が可能となる、新しいケータイグリーティングサービスです。

また、「ぺとでんメッセージ」にて12月19日から実施されている森永製菓株式会社とのコラボ企画「キョロちゃんメッセージ」でも、クリスマスカードに続き年賀メールが開始されるため、キャラクターを選んでオリジナリティある、ユニークな年賀メールを届けることが出来ます。

フラグシップは今後も、バレンタインなどの季節イベントに合わせたコーナー展開を実施すると共に、新たなるコラボ企画の展開や、コンテンツ面でのアライアンスを積極的に行いながら、声で気持ちを伝える、新感覚メールサービスを提供していきます。

以上

◆『ぺとでんメッセージ( (リンク ») )』とは?
利用者が携帯電話で録音した音声をペット・キャラクター利用して相手に送れる新感覚の「しゃべるメール」サービス。音声に加え、ペットの表情を変えたり、テキストを追加したりしながら世界で1つだけのオリジナルメッセージを作成・送信することができます。

 【アクセス方法】
  携帯電話から: (リンク »)
  パソコンから: (リンク »)

 【対応機種】
  3キャリア Flash対応機種 (※一部端末を除く)

 【利用料】
  無料、 一部サービスは会員登録が必要です

◆「ぺとでん」シリーズ:新企画リリース
・08/07/31: 「ぺとでんメッセージ」開始
・08/08/28: 「ぺとでんブログパーツ」開始 (ぺとでんメッセージ)
・08/10/29: 「ぺとでんコール」開始
・08/11/27: 「簡単メッセージ」、「デコ声メッセージ」コーナー開始(ぺとでんメッセージ)
・08/12/19: 森永製菓株式会社コラボ企画「キョロちゃんメッセージ」開始(ぺとでんメッセージ)
・08/12/25: 季節イベント企画「ぺとでん年賀状」開始(ぺとでんメッセージ)

◆アライアンスパートナー「TEAM fF」
『ぺとでんメッセージ』は、フラグシップと有限会社フィッシュグローヴ(本社:東京都港区、代表取締役:織田 崇義)が「TEAM fF」として展開しています。
 ・株式会社フラグシップ: 企画、営業、運営  (リンク »)
 ・有限会社フィッシュグローヴ:開発、運用   (リンク »)

◆企業紹介: 株式会社フラグシップ
フラグシップは、「利用者の願いをカタチにするサービスのデザイン」をキーワードに、新しいライフスタイルに合わせた利用者視点のインターネットサービス提供を目的に、2008年3月に設立。センサー/フィジカルコンピューティング領域のマルチメディアに対応したコミュニケーションサービスを提供していきます。
【所在地】 東京都港区高輪1-4-3
【代表者】 代表取締役 泉 清崇
【事業内容】1.インターネットサービスの企画、デザイン、開発、運営支援
      2.コミュニケーションメディアサービスの提供
【URL】   (リンク »)

――――――――――――――――――――――――
◆本件に関する問い合わせ
株式会社フラグシップ 担当: 長田             
Tel: 03-5980-8104  Fax: 03-5980-8147
e-mail:public_relation@f-ships.com

このプレスリリースの付帯情報

ぺとでん年賀状

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フラグシップの関連情報

株式会社フラグシップ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR