NEC製「InfoFrame DataCoordinator」とウイングアーク テクノロジーズ製「Dr.Sum EA」との連携を強化

~情報管理領域での製品/サービスの機能向上~

ウイングアーク1st株式会社 2008年12月01日

 日本電気株式会社(注1以下 NEC)ならびにウイングアーク テクノロジーズ株式会社(注2、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、NECが提供するデータ連携・統合ソフト「InfoFrame DataCoordinator(インフォフレーム・データコーディネータ)」と、ウイングアーク テクノロジーズが提供する情報分析(BI、ビジネス・インテリジェンス)ソフト「Dr.Sum EA(ドクターサム・イーエー)」の連携を強化いたしました。


 NECでは、「Dr.Sum EA」との連携機能を搭載した「DataCoordinator Ver.5.2」を新たに製品化し、本日から販売活動を開始いたしました。この新製品によって、オープンシステムやNECのメインフレーム(ACOS-4)上のデータを「DataCoordinator」で抽出し、「Dr.Sum EA」サーバに高速に配信するデータ連携がノンプログラミングで可能となり、データベース間のデータ連携機能を業務システムに組み込むことが容易となります。
 さらに、「DataCoordinator」は変更データのみを転送する差分配信機能を有するため、送信対象となるデータ量が全データに対して少なくなります。これによりネットワークへの負荷が少なくなるとともに、業務時間内にも最新のデータを「Dr.Sum EA」に配信することが可能になり、タイムリーな情報活用と生産性向上を実現します。
 NECの新製品「DataCoordinator Ver.5.2」の提供価格は98万円(税込)からであり、「Dr.Sum EA」と組み合わせ、今後3年間で100セットの販売を見込んでおります。

 
 「DataCoordinator」は、データ連携のためのプログラムを開発することなく、データベースのデータを他のデータベースに反映し、情報の統合やさらなる活用を実現するソフトです。また、「Dr.Sum EA」は、既存IT投資を活かしながら、企業システムに蓄積された各種データを多次元高速集計、可視化し横断的な有効活用を実現するソフトです。


 NECとウイングアーク テクノロジーズは、2005年3月に協業関係を確立し、2008年6月には資本提携まで含む協業強化を実現しました。このたびの両社製品の連携強化は、両社の技術・ノウハウを相互共有することによって、単一製品では実現が困難だった、さらなる情報活用が可能な環境をお客様に提供します。また、ウイングアーク テクノロジーズはNECが展開するソフトウェアパートナー制度「InfoFrame WORKS」に参加、本製品連携も活用し、製品マーケティング・販促面での協業も強化してまいります。今回の2製品の連携については、12月5日(金)にNEC本社ビルにおいて開催するセミナー「<InfoFrame WORKS DAY 2008>」にて紹介予定です。


 両社は、今回の協業拡大を含め、引き続き情報管理領域での製品の機能/サービスの向上を推進してまいります。
以上


(注1)本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野 薫
(注2)本社:東京都港区、代表取締役社長:内野 弘幸


■ ウイングアーク テクノロジーズ株式会社について
ウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業/情報システム部門が取り組む業務アプリケーション開発の効率化をはかるため、「帳票/レポーティング/ドキュメント」分野に特化した基幹系帳票OUTPUT環境を構築するツールを開発・販売します。ウイングアーク テクノロジーズが提供する「Dr.Sum EA」をNECは情報管理ソフトウェア「InfoFrame」の情報分析領域の製品と位置づけ「InfoFrame Dr.Sum EA」として、販売を行っています。
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社について  (リンク »)
InfoFrae Dr.Sum EA について  (リンク »)


■ InfoFrameについて
大量データのバッチ処理を高速化するInfoFrame DataBooster、ノンプログラミングで異種DB間のデータ連携を可能にするInfoFrame DataCoordinator、文書や画像などのコンテンツの統合的な管理を実現するInfoFrame Documentum(R)など、企業内の各システムに散在する情報を統合し、より効果的に活用する情報管理ソフトウェア製品群です。
InfoFrameについて  (リンク »)
InfoFrame DataCoordinatorについて  (リンク »)


■ InfoFrame WORKSについて
2007年にパートナー制度「InfoFrame WORKS」を開始し、InfoFrameを活用した製品・サービスを提供するパートナー企業が、InfoFrameのブランドや製品を最大限にご利用いただくことを目的にした支援サービスを提供しております。2008年11月時点でパートナー数は19社と順調に拡大しており、共同プロモーションによるビジネスチャンスの拡大と課題点の相互補強による競争力の向上を図っております。
(リンク »)


■ 関連イベントについて
<InfoFrame WORKS DAY 2008> 見える化のIT戦略
~エンタープライズサーチ、BIツール、業務プロセス改革の最新動向が分かる!~
●日時: 2008年12月5日(金) 13:30~17:20 (13:00~受付開始)
●会場: NEC本社ビル B1多目的ホール
(リンク »)


<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC 第一コンピュータソフトウェア事業部 
DataCoordinator担当 
電話:03-3798-9044
E-mail:works@infoframe.jp.nec.com


ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 Dr.Sum事業部
電話:03-6710-1700
E-mail:drsum@wingarc.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!