ライムライト・ネットワークスの提供するCDNがTOYOTAのホームページのコンテンツ配信に採用

ライムライト・ネットワークスの提供するCDNがTOYOTAの         ホームページのコンテンツ配信に採用

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社 2008年12月19日

高機能コンテンツ配信ネットワーク(CDN:Contents Delivery Network)を提供する ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 塚本信二、以下、ライムライト・ネットワークス)は、 トヨタ自動車株式会社 (本社:愛知県豊田市社長:渡辺 捷昭、以下 トヨタ)の提供するウェブサイト上で 多様に展開されている車種コンテンツの表示速度高速化を通じたユーザー利便性の 向上の実現とサーバー負荷軽減を目的として、トヨタ向けに、ライムライト・ネットワークス のCDN提供を開始いたしました。   (ライムライト・ネットワークス・ジャパン: http://www.llnw.co.jp)   (トヨタ自動車: http://www.toyota.co.jp )

ライムライト・ネットワークスの提供するCDNは、データセンターにサーバーを集約して設置
しているため、容量が大きく、大量のファイルを配信用として保管することができます。
この特性により、ダウンロード頻度が低いファイルでも高いキャッシュ効率で提供することが
可能となり、大容量コンテンツの配信に特化しているトヨタ自動車のようなHttpコンテンツデリバリー
やオンデマンドストリーミングを多用したリッチ・コンテンツ配信に対して高いレスポンスと効果を
提供することができます。


提供開始の概要は以下の通りです。

提供内容:トヨタホームページ上で展開している車種コンテンツの配信
① Httpコンテンツデリバリー
② Windows Mediaストリーミング/Flash Mediaストリーミング

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社の関連情報

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR