高度道路交通システム市場の概観

株式会社データリソース 2009年04月01日

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが3月に刊行されました。

高度道路交通システム(ITS)の概念は、かなり前から身近なものだったが、多様な技術を指す非常に広範な用語である。消費者と商用のテレマティクスは、新しい緊急電話システムとETCと共に、重要な位置を占めている。自動車対自動車と自動車対インフラ通信経由の高度システムと事故防止も同様に重要である。高度交通管理はこれらを統合し、最終的には様々なソースから得た混雑状況を、リアルタイムの情報提供や信号制御に利用するものになるだろう。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「高度道路交通システム市場の概観」は、現在の実施状況とパイロット計画について述べ、今後の市場成長と多数のITSサービスの潜在性を分析している。

◆調査レポート
高度道路交通システム市場の概観:DSRC、レーダー、ビデオ検出、GPS、広域無線ネットワーク、インフラセンサー
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]