2015年には世界で500万を上回る電気自動車の給電ステーション

株式会社データリソース 2009年07月08日

米国の調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「電気自動車の充電インフラ市場調査:家庭/公衆/個人/職場の充電設備、電気自動車充電のビジネスモデル、グリット技術 - Electric Vehicles on the Grid」のプレスリリースにおいて、世界の電気自動車対応充電施設数は2015年に500万を上回り、機器収益の累計は65億ドルとなるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース抄訳】
プラグインハイブリッドなどの電気自動車の出荷が2010年に本格的に始まり、家庭や勤務先や街中での充電インフラの需要が増大するだろう。2015年には、世界の充電施設数は500万を上回り、機器収益の累計は65億ドルとなるだろうと、米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社は報告している。

「電気自動車の充電は主に家庭でなされるが、政府の財政面での後押しによって、2015年には全ての給電施設の半数は公共のものとなるだろう。小売店は主にマーケティングツールとして公共の給電施設を導入し、多くの企業が社員のために企業の給電施設を設置するだろう」と、アナリストのJohn Gartner氏は語る。

パイクリサーチ社は、中国政府が電気自動車の導入を強力に推進するため、中国は給電施設のトップとなり、市場全体の半数を占めるだろうと報告している。その次は米国で、2015年に充電施設は100万を上回るだろう。その他の充電インフラの市場として、イスラエルとデンマークがあげられる。

パイクリサーチ社の調査レポート「電気自動車の充電インフラ市場調査:家庭/公衆/個人/職場の充電設備、電気自動車充電のビジネスモデル、グリット技術 - Electric Vehicles on the Grid:Residential, Public, Private, and Workplace Charging Stations, EV Charging Business Models, and Vehicle to Grid Technology」は、電気自動車の充電インフラのビジネスモデルや技術問題に関する多くの疑問を分析している。家庭、公共、個人、職場の充電施設の2015年までの市場を分析・予測し、グリッドインフラの電気自動車の影響を調査している。市場牽引要因と市場阻害要因、主要企業のプロフィールも記載している。

【調査レポート】
電気自動車の充電インフラ市場調査:家庭/公衆/個人/職場の充電設備、電気自動車充電のビジネスモデル、グリット技術
Electric Vehicles on the Grid
Residential, Public, Private, and Workplace Charging Stations, EV Charging Business Models, and Vehicle to Grid Technology
(リンク »)

パイクリサーチ社 (Pike Research)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。