ライブカメラコミュニティ「スティッカム」、アンドロイド携帯向けスティッカム視聴アプリをリリース。

株式会社E-Times Technologies 2009年07月14日

From ValuePress!

プレスリリース

2009年 7月 14日
                          株式会社E-Times Technologies
                          代表取締役 中尾 明一郎
================================================================================
ライブカメラコミュニティ「スティッカム」、アンドロイド携帯向けスティッカム視聴アプリをリリース。
================================================================================
スティッカム (リンク »)

株式会社E-Times Technologies(所在地:東京都港区、代表取締役:中尾 明一
郎)は、自社が運営するライブカメラコミュニティ「スティッカム」において、
米Google社が提供する携帯電話用ソフトウェア・プラットフォーム「Android(アンド
ロイド)」に対応したモバイル・アプリをリリース致しました。

株式会社E-Times Technologiesは、「チャット」や「双方向ライブ配信」などにより、
ライブでの情報発信を可能にする次世代のライブカメラコミュニティ「スティッカム」
を運営しており、同サイト運営を通じて独自のライブ配信技術を蓄積しております。

今回新たに提供を開始するのは、米Google社が開発した携帯電話用ソフトウェア・プラット
フォーム「Android(アンドロイド)」用のスティッカム視聴アプリ。スティッカム
の基本的な機能であるライブの閲覧やライブ中のユーザーの検索、またテキストチャット
などがアンドロイド携帯から可能となります。利用は無料となっており、Google社が
運営するAndroid向けアプリの配信サービス「Androidマーケット」よりダウンロードすることができます。

株式会社E-Times Technologiesでは、「スティッカム」の運営を通じて、
『ライブ配信』における様々なメリットをユーザーに提供し、この新しいメディアを
より広く認知してもらうための環境を構築したいと考えております。

------------------------------------------------------
Stickam JAPAN!(スティッカム)概要
------------------------------------------------------
米国Stickam.comの日本版サービスとして2006年9月22日にオープン。

スティッカムは、ウェブカメラやデジタルビデオカメラを使ってライブ放送を配信するだけ
でなく、その放送にチャットやライブ映像を介して参加したり、ビデオ会議やテレビ
電話などの「プライベートライン」としても活用できる新時代のメディアサービスです。

スティッカムデータ     
サービス開始 2006年2月
登録メンバー数 274万人(2009年3月末)

Stickam JAPAN! (リンク »)
米国版 Stickam      (リンク »)

------------------------------------------------------
Advanced Video Communications, Inc. 会社概要
------------------------------------------------------
Advanced Video Communications, Inc. は、2004年、米国カリフォルニア州ロサンゼルス
市にて設立。ライブカメラコミュニティ「Stickam.com」は、サンマイクロシステム社の
J2EEや、マクロメディア社のフラッシュコミュニケーションバー等の技術を利用し、
マルチメディアコミュニケーションを提供します。

米国でのメディア掲載履歴  

・LA Times (2007年1月29日)
(リンク »)

--------------------------------------------------
株式会社E-Times Technologies 会社概要
--------------------------------------------------
設立:2004年4月
代表者:代表取締役 中尾 明一郎
資本金:8000万円
事業内容:ビデオコミュニケーションシステムを活用した様々なソリューションの企画、
提案およびコンサルティング

------------------------------------------------------
本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社E-Times Technologies 
Stickam JAPAN! プロジェクト 担当:鶴見(つるみ)
[TEL] 03-5412-0200 [FAX] 03-5412-0271
[Mail] sales@etimestech.jp [URL] (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社E-Times Technologiesの関連情報

株式会社E-Times Technologies

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]