有料テレビ市場の限定受信とコンテンツセキュリティ:ケーブル、通信、衛星、地上波

株式会社データリソース 2009年06月08日

ペイTV市場における限定アクセス技術や、この技術の成長要因や阻害要因

エンターテインメントデバイスと技術フォーマットの統合が進むにつれ、消費者は、好きなデバイスで、時と場所を問わずにコンテンツにアクセスすることが可能になった。適用範囲が拡大し、顧客に提供されるサービスが進化する一方で、コンテンツ配信業者とサービスプロバイダも、プレミアムコンテンツの著作権侵害や誤った取り扱いといったリスクに晒されるようになってきた。このため、コンテンツアクセスやデジタル著作権管理等、コンテンツやサービスを保護するソリューションを開発する必要性が生じてきた。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「有料テレビ市場の限定受信とコンテンツセキュリティ」は、ペイTV市場における限定アクセス技術や、この技術の成長要因や阻害要因に焦点を当てている。ケーブル、通信、衛星、地上波セグメントに使用されるソリューションについて述べ、これらのソリューションを提供しているベンダのプロファイルを記載している。また、価格動向を調査し、地域・市場セグメント別に市場予測を行っている。


◆調査レポート
有料テレビ市場の限定受信とコンテンツセキュリティ:ケーブル、通信、衛星、地上波
(リンク »)


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]