IT資産管理

株式会社データリソース 2009年08月17日

データセンターと分散IT環境のアクティブとパッシブRFIDソリューション

RFID IT資産管理ソリューションは、現在、多くの要因によって、エンドユーザの評価や試験運用や採用が記録的なレベルに達している。金融・銀行分野の早期導入者によって、独自の魅力的なビジネスモデルが示され、どんなに大きなデータセンターでも大丈夫ということが立証された。最新の技術の進歩によって、RFIDは、正確なモニタリングとIT機器やデータの保護のためのソリューションの主流となった。今後、コスト面とRFID機能の改善がなされれば、企業の電子トラッキングのIT機器ベンダのシェアは拡大し、最大実現市場は年間50億ドルになるだろうと予測している。
資産の所有にかかる総コストが最も安く、透明性が高く、機密情報を保護することが必要なのは、なにも銀行やデータセンター環境に限ったことではない。また、RFIDを使って企業のIT資産を追跡することの利点も多い。IT機器がより柔軟になり、携帯性をそなえ、政府の監視が高まれば、RFIDベースのトラッキングソリューションの需要は今後5年間で非常に高まると予測される。



◆調査レポート
IT資産管理:データセンターと分散IT環境のアクティブとパッシブRFIDソリューション
IT Asset Tracking: Active and Passive RFID Solutions
Targeting Data Centers and Distributed IT Environments
(リンク »)


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]