EブックリーダとEペーパー:デジタルコンテンツとディスプレイ技術、キンドルの新市場 e-Book Readers and Electronic Paper

株式会社データリソース 2009年08月24日

Digital Content and Display Technologies Kindle New Markets

長い時間をかけて開発と商業化を行ってきた低出力の「電子インク」ディスプレイは、アマゾン社のキンドル(Kindle)の登場によって、ついにマス市場を達成するだろう。Kindleなどの、現在の多くのEブックリーダーのディスプレイは、マサチューセッツのeInk Inc.の独占する技術をライセンス使用している。AppleのiPodがそうであったように、Kindleも技術の早期導入者による購入が多く、また、iPodが初のポータブルデジタルメディアプレイヤーではなかったように、KindleもeInkの初めての製品化という訳ではない。未だ不明なのは、より良い技術を採用するような競争者が登場して、Kindleと置き換わったり、市場を拡大したりするかどうかという点である。この調査レポートは、eInkや、電子ブックリーダ、デジタルサイネージ、小売店の商品棚のタグ、その他のデバイスに使用されているディスプレイ技術の市場を調査している。



◆調査レポート
EブックリーダとEペーパー:デジタルコンテンツとディスプレイ技術、キンドルの新市場
e-Book Readers and Electronic Paper
Digital Content and Display Technologies Kindle New Markets
(リンク »)


◆米国市場調査会社 NextGenリサーチについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]