【DBタイプは問わず】データベースカラム暗号化ソフトProtegrity「DPS」リリース

~情報漏洩、個人情報保護、PCIDSSにも有効~

株式会社MONET 2009年09月01日

株式会社MONET(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:前野泰章)は、米国Protegrity社(本社:米国、マサチューセッツ)製マルチデータベース対応、カラム単位の暗号化ソフト、Protegrity「DPS」の日本国内でのリリースを発表しました。

Protegrity「DPS」(Data Protection System)は, マルチデータベースに対応したデータベースのカラム単位の暗号化ソフト。ユーザ(グループ)単位でデータベース上のデータ(カラム)の操作、閲覧権限を管理し、重要情報の漏洩、改ざんを防止します。また統合管理機能により、ポリシーの一元管理とアクセス監査を簡単に行える事から、管理コストを削減すると同時に、内部統制、PCIDSS等への対応を容易にします。

暗号鍵の導入の際、運用中のデータベースの設計変更や再インストールを必要としない手軽さに加え、Oracle、MSSQL、DB2、Infomix、Sybase、Teradata等、複数のデータベースタイプにも対応し、極めて広い応用範囲を有します。

Protegrity「DPS」は、米国では既に官公庁、流通、金融、製造といった分野の大手で多数の導入実績がある事から、MONETでは当面、代理店を通じて同様の分野での拡販をはかります。これに伴い、新規代理店も募集します。


Protegrity「DPS」の主な特徴

データベース暗号化
●カラム単位での暗号化
●ユーザー(グループ)単位での閲覧、更新、削除の保護機能
●マルチデータベース対応

管理機能
●統合管理システム(Security Manager)による暗号鍵・セキュリティポリシの一元管理
●PCIDSS基準を満たすキーローテーションが可能
●監査ログ機能

その他
●既存のデータベースへ、設計変更無しでの導入が可能
●VPDisk(サーバ用暗号化ソフト)との連携

標準価格: オープンプライス (予想市場価格:300万円~)


お問合せ先
株式会社MONET
ソリューション事業部 営業部

東京都千代田区外神田4-7-5 石川興産ビル4F 〒101-0021
TEL:03-5256-5171 FAX:03-5256-5172
Email:sales@monetz.com
H P:www.monetz.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社MONETの関連情報

株式会社MONET

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]