固定と移動の統合通信は、魅力をひき出しきれていない

株式会社データリソース 2009年09月02日

米国の調査会社インスタット社がFMCの世界市場を調査した「 ビジネス向けFMCのユーザ調査:利用状況と利用意向 -Business FMC Adoption Remains a Challenge in an Increasingly Mobile World」を出版

デュアルモード携帯端末を利用し、ハンドフリーでセルラーとWi-Fiネットワークを活発にシームレスに利用できるFMC(固定とモバイルの統合無線)は、ビジネス市場で非常に強力なツールとなっていると、米国調査会社インスタット社は報告している。FMCは、レガシーの有線機能と、無線ネットワーク、セルラーサービス、発展中のVoIP、統合通信機能とのギャップを埋めることができる。しかし、FMCアプリケーションを促進する技術は進展しているが、ビジネスユーザの関心はまだ低い。

「2009年にFMC機能の大宣伝が始まったが、多くのアプリケーションの実際の利用と利用計画の増加はそこそこといったとことである。ITマネージャやサービスプロバイダ、インテグレータは、FMCの利点をよく理解しているが、利用者には実際に使用してみるまではその利点は理解されないだろう」とインスタット社のアナリストDavid Lemelin氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。

■ビジネス用のFMC端末接続は、2009年の580万から2013年には3100万まで急増するだろう
■Wi-Fi機能のある企業の19%は、Wi-Fi上の音声通信を利用している
■有線と無線のネットワークをシームレスに利用できる機能は、その他のFMCソリューションよりもビジネスマンに高く評価されているものの、すべてのFMCソリューションは未熟な段階にある

インスタット社の調査レポート「ビジネス向けFMCのユーザ調査:利用状況と利用意向 - Business FMC Adoption Remains a Challenge in an Increasingly Mobile World」は、FMCの世界市場を調査した。FMCと固定無線アプリケーションの役割を理解し、2008-2013年の世界のビジネス市場向けのFMC携帯電話接続とビジネス向けのFMC加入者数の予測、FMCの現状と採用計画の分析、最新の主要企業の動向などを記載している。


【調査レポート】
ビジネス向けFMCのユーザ調査:利用状況と利用意向
Business FMC Adoption Remains a Challenge in an Increasingly Mobile World
(リンク »)


◆米国市場調査会社 インスタット社について
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)


株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。