ライブカメラコミュニティ「スティッカム」、公式ライブチャンネル『スティッカムTV』配信枠の販売を開始。

株式会社E-Times Technologies 2009年09月16日

From ValuePress!

プレスリリース

2009年 9月16日
                          株式会社E-Times Technologies
                          代表取締役社長 吉田 宏徳 
================================================================================
ライブカメラコミュニティ「スティッカム」、公式ライブチャンネル『スティッカムTV』
配信枠の販売を開始。
================================================================================
スティッカム   (リンク »)
スティッカムTV   (リンク »)

株式会社E-Times Technologies(所在地:東京都港区、代表取締役社長:吉田 宏徳)は、
自社が運営するライブカメラコミュニティ「スティッカム」において、公式チャンネル
『スティッカムTV』の配信枠の販売を開始致しました。

株式会社E-Times Technologiesは、「チャット」や「双方向ライブ配信」などにより、
ライブでの情報発信を可能にする次世代のライブカメラコミュニティ「スティッカム」を
運営しており、同サイト運営を通じて独自のライブ配信技術を蓄積しております。

『スティッカムTV』は、スティッカムが運営する公式ライブチャンネル。様々な
企業・団体が独自のライブ配信番組を企画しユーザーに提供、視聴者からの反応をその場で
受け取ることが出来る次世代型のメディアコンテンツです。

『スティッカムTV』では、これまでにマイクロソフト、ビクターエンタテイメント、自民党、
法務省など、幅広い企業・団体のライブコンテンツ配信を行っており、そこで培った技術や
ノウハウを提供することで、より効果の高いインタラクティブなPRの場を提供できると
考えております。

『スティッカムTV』にて配信する企業では、スティッカムのトップページに配信中の
コンテンツが表示されるほか、高画質でのライブ配信、ブログなどに貼り付けられるプレ
イヤーのカスタマイズ、視聴者属性を確認できるレポート機能などの利用が可能で、更に
オプションとしてH.264形式ハイビジョン(HD)でのライブ配信やスティッカムのサイト
そのものを企業の独自デザインにカスタマイズすることも可能です。

株式会社E-Times Technologiesでは、スティッカムの運営を通じて、
『ライブ配信』における様々なメリットをユーザーに提供し、この新しいメディアを
より広く認知してもらうための環境を構築したいと考えております。


------------------------------------------------------
Stickam JAPAN!(スティッカム)概要
------------------------------------------------------
米国Stickam.comの日本版サービスとして2006年9月22日にオープン。

スティッカムは、ウェブカメラやデジタルビデオカメラを使ってライブ放送を配信するだけ
でなく、その放送にチャットやライブ映像を介して参加したり、ビデオ会議やテレビ
電話などの「プライベートライン」としても活用できる新時代のメディアサービスです。

スティッカムデータ (Stickam JAPAN!/米国版 Stickam)    
サービス開始      2006年2月
登録メンバー数     400万人(2009年7月末)

Stickam JAPAN!      (リンク »)
米国版 Stickam      (リンク »)

------------------------------------------------------
Advanced Video Communications, Inc. 会社概要
------------------------------------------------------
Advanced Video Communications, Inc. は、2004年、米国カリフォルニア州ロサンゼルス
市にて設立。ライブカメラコミュニティ「Stickam.com」は、サンマイクロシステム社の
J2EEや、マクロメディア社のフラッシュコミュニケーションバー等の技術を利用し、
マルチメディアコミュニケーションを提供します。

米国でのメディア掲載履歴  

・LA Times (2007年1月29日)
(リンク »)

--------------------------------------------------
株式会社E-Times Technologies 会社概要
--------------------------------------------------
設立:2004年4月
代表者:代表取締役社長 吉田 宏徳
資本金:8000万円
事業内容:ビデオコミュニケーションシステムを活用した様々なソリューションの企画、
提案およびコンサルティング

------------------------------------------------------
本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社E-Times Technologies 
Stickam JAPAN! プロジェクト 担当:鶴見(つるみ)
[TEL] 03-5412-0200 [FAX] 03-5412-0271
[Mail] sales@etimestech.jp [URL] (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社E-Times Technologiesの関連情報

株式会社E-Times Technologies

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。