編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

地銀向けアンチマネーロンダリングソリューションの提供を開始します。

データ・オンデマンド ソフトウェア株式会社

2008-06-10 00:00

データ・オンデマンド ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:北條丈巳) は、2008年6月10日より、比較的安価で導入が容易な簡易型アンチマネーロンダリングソリューションを地方銀行様向けに展開いたします。
組織犯罪、テロ、麻薬などにかかわるマネーロンダリングへの対策強化が世界的に求められています。日本でもいわゆる「疑わしい取引」の届出が義務化されており、各金融機関ではその対策が必要となっております。これまで一部のメガバンクを除いては、「疑わしい取引」の検出はリスト上での人的目視チェックで行っているため人的負荷、検出精度などの問題を抱えていました。

この度、データ・オンデマンド ソフトウェアでは同社が日本総代理店として取り扱っているPervasive Software社(本社:米国テキサス州オースチン)製のETL/EAIツール「Pervasive Data Integrator」を活用し、比較的安価にかつカスタマイズ性の高い簡易型アンチマネーロンダリングソリューションをご用意し主に地方銀行様を対象にご提供を開始いたします。

価格は3000万円~。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]