より高速な無線規格がホームネットワーキングで名を上げる

株式会社データリソース 2009年09月28日

米国の調査会社In-Stat社はホームネットワーク技術と接続サービスの利用状況を掲載した「ホームネットワーク技術と接続サービス利用状況調査:イーサネット、802.11、同軸ケーブル、電力線 - Home Network Technology & Connectivity Use: Ethernet, 802.11, Coax, and Powerline」を出版

ホームネットワーク利用者は、ギガビットイーサネットや802.11nや、同軸ケーブル、電力線、電話線などの有線技術など、より新しく高速な接続性を追い求めていると米国調査会社インスタット社は報告している。2008年にはまだ、世界のホームネットワークの利用では、10/100のイーサネット技術が主流だった。しかし2009年末には、802.11xネットワークが10/100イーサネットの数を上回るだろうと、米国調査会社インスタット社は報告している。また、多くのWi-Fi利用者が、802.11bからより強固な802.11gに移行し、または移行しつつあり、802.11gからドラフト版の802.11nコンパチブル製品にアップグレードする人も出始めた。

「この他の注目すべき傾向としては、ホームネットワーク利用を単なるインターネット共有だけに利用しているわけではないとする北米ユーザの割合が、2008年の41.8%から2009年には49.7%まで増加したということである。しかし、多くのユーザは、家電をネットワークに接続して、PCと家電製品の世界をつなぐことはしていない」とインスタット社のアナリストJoyce Putscher氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。

●世界のホームネットワーク導入数は、2011年に3億を上回るだろう
●Gigabitイーサネットによるホームネットワークは、2013年には世界で約9000万、4倍以上に増加するだろう
●2012年までのWi-Fiホームネットワーク普及は、アジア太平洋地域がリードするだろう
●有線技術によるネットワーク接続世帯数においては、現在も予測期間中も欧州が優勢だろう

インスタット社の調査レポート「ホームネットワーク技術と接続サービス利用状況調査:イーサネット、802.11、同軸ケーブル、電力線 - Home Network Technology & Connectivity Use: Ethernet, 802.11, Coax, and Powerline」は、世界のホームネットワーキング市場を調査した。2013年までの技術毎/地域毎のホームネットワーク普及数予測(イーサネット10/100、ギガビットイーサネット、規格毎のWi-Fi、同軸ケーブル、電話線、電力線)、それぞれのホームネットワーキング技術とアプリケーションに関する消費者の認知度と需要、2013年までのLAN物理レイヤーネットワーキングインターフェース出荷数予測、ホームネットワーキング技術と市場の傾向分析を記載している。

【調査レポート】
ホームネットワーク技術と接続サービス利用状況調査:イーサネット、802.11、同軸ケーブル、電力線 
Home Network Technology & Connectivity Use: Ethernet, 802.11, Coax, and Powerline 
(リンク »)

◆米国調査会社 インスタット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp
   

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]