2010年1月20日(水)から22日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第10回 光通信技術展 FOE2010」に最新の光通信システム設計・解析用シミュレーション・ソフトウェア OptSim V5.1を出展!

日本アールソフトデザイングループ株式会社 2010年01月06日

From ValuePress!

日本アールソフトデザイングループ株式会社では、1月20日(水)から22日(金)東京ビッグサイトにて開催される「第10回光通信技術展 FOE2010」において、OptSim、FullWAVE、DiffractMOD、FemSIM等最新の光通信関連シミュレーション・ソフトウェアを事例デモと共に紹介いたします。

直交2偏波多重と4値変調であるQPSKを組み合わせた偏波多重QPSK(PM-QPSK)方式は、100ギガビット/秒級伝送方式の有力候補の一つとして大きな注目を集めていますが、最新版「OptSim V5.1」では、偏波モード分散(PMD)や偏波依存損失(PDL)等のチャンネル障害をリカバーする為のトレーニング・シーケンスに基づくコヒーレントなPM-QPSKがサポートされています。
特に、システム性能を正確に評価する為にはより高精度のBER計算が必要となります。その為、多チャンネルWDMシステムにおいては、長大なビット・シーケンスのシミュレーションが重要で、またそれを高速に処理する必要があります。この二つのニーズに対応できるシミュレーション技法としては、Time Domain Split Step(TDSS)がありますが、このTDSSをOptSimはサポートしています。このPM-QPSKシステムとTDSSを実現した「OptSim V5.1」により、これからの100ギガビット/秒を超える超高速フォトニック・ネットワーク・システムの設計・解析がより容易になることを確信致しております。
また、アナログ電気回路と光回路が統一された設計環境の要求も高まっております。OptSim V5.1では、最新のPM-QPSK、OFDM、D(Q)PSK変調システムモデルや高性能測定基準(OSNR、QファクターとBER)ならびにSPICE3エンジンによる光-電気混在回路シミュレーション機能により、大幅な開発期間の短縮や設計効率の改善が可能になります。

その他、RSoft社のシミュレーション・ソフトウェアには、BeamPROP(双方向BPMを採用した光導波路/ファイバー設計ツール)、FullWAVE(微小光学素子の設計・解析に適した高速FDTDの決定版)、DiffractMOD(RCWA法を用いた光学回折素子の設計・解析ツール)、BandSOLVE(平面波展開法によるバンドギャップ計算ツール)、GratingMOD(グレーティング・デバイスの設計・解析ツール)、FemSIM(有限要素法ベースのモード・ソルバ)、ModePROP(全ての反射光を含む定常解析を高速に行うEigenmode Expansion Propagationツール)、及びLaserMOD(半導体レーザの特性解析ツール)を包含するフォトニック・コンポーネント・デザイン・スイートの新バージョン8.2、更にModeSYS(マルチモード伝送の解析プラットフォーム)の新バージョン5.1があり、こちらも合わせて事例デモと共に紹介してまいります。

皆様のお越しをお待ちいたしております。


■「第10回光通信技術展 FOE2010」 概要
開催日時:2010年1月20日(水)10:00 - 18:00
21日(木)10:00 - 18:00
22日(金)10:00 - 17:00
開催会場:東京ビッグサイト
弊社ブース番号:東5-19
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
日本アールソフトデザイングループ株式会社
担当:営業部 赤木京一
〒105-0014 東京都港区芝1-9-6 マツラビル2F
TEL:03-5484-6670 FAX:03-5484-2288

《関連URL》
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]