据置型燃料電池の収益は、2013年に倍増の7億1600万ドルに

株式会社データリソース 2010年01月15日

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が据置型燃料電池市場を調査した「据置型燃料電池市場調査:家庭用/商用/産業用燃料電池の市場分析と予測 - Stationary Fuel Cells : Fuel Cells for Residential, Commercial, and Industrial Applications: Market Analysis and Forecasts」を出版。

燃料電池は、さまざまな住宅、商業施設、企業向けに、クリーンで効率的な電源として十分に対応できる。据置型の燃料電池には、1キロワットから10メガワット以上までの容量の幅があり、多くのアプリケーションによって、様々なニッチ市場での牽引力をますます増すことだろう。

米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「据置型燃料電池市場調査:家庭用/商用/産業用燃料電池の市場分析と予測 ー Stationary Fuel Cells: Fuel Cells for Residential, Commercial, and Industrial Applications: Market Analysis and Forecasts」は、従来、燃料電池は、キロワットあたりの導入コストが大きな課題であったが、近年そのエコシステムは改善してきており、世界市場での収益は、今後数年間で倍増して、2009-2013年に3億3600万ドルから7億1600万ドルとなるだろう。

「燃料電池産業は近年、"ニワトリと卵"の状態にあった。高いコストが市場の需要を抑制しており、大量生産によってコストを削減することが必要だった」とパイクリサーチ社のシニアアナリストDavid Link氏は語る。

David Link氏は、燃料電池が、熱電併給(コジェネ、CHP)や通信・データセンターバックアップ電源、廃水処理などの様々なニッチアプリケーションへの採用が始まり、このコストの問題は解消し始めていると分析している。パイクリサーチ社は、据置型燃料電池の導入コストは、2007-2013年の6年間、kWあたり6,638ドルから3,267ドルまで、半額以上に下落するだろうと予測している。

この調査レポートは、住宅、商業施設、産業施設などの燃料電池のビジネスチャンスを調査し、技術やコストの問題を詳述し、多くの主要関連企業について記載している。大規模や小規模の用途の据置き型燃料電池の市場と、システム収益、導入価格の2013年までの予測を提供している。

【調査レポート】
据置型燃料電池市場調査:家庭用/商用/産業用燃料電池の市場分析と予測
Stationary Fuel Cells : Fuel Cells for Residential, Commercial, and Industrial Applications: Market Analysis and Forecasts
(リンク »)

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。