有機LED材料の販売額は2015年に229億ドル

株式会社データリソース 2010年01月29日

米国の市場調査会社ナノマーケット社が有機LED (OLED) 市場を調査し、アプリケーションや技術、材料市場の動向、市場予測などを掲載した「有機LED材料市場調査 2010年:技術、アプリケーション、サプライヤ情報 - Markets for OLED Materials: 2010-2017」を出版

携帯電話やMP3プレーヤーのサブディスプレイにとどまらず、有機LED(OLED)照明市場などの多くのアプリケーションにおけるOLEDディスプレイの急速な発展によって、あらゆる種類のOLED材料の需要が拡大していると、米国調査会社ナノマーケット社の調査レポート「有機LED材料市場調査 2010年:技術、アプリケーション、サプライヤ情報 - Markets for OLED Materials:2010-2017」は報告している。この市場は、2010-2015年に約4億2000万ドルから29億ドルまで成長するとナノマーケット社は予測している。

この調査レポートの主要な調査結果は、以下の通り。

●この調査レポートは、OLED照明が2015年までのOLED材料の約70%を占めると予測している。OLED照明は、同等のサイズのディスプレイよりも材料に関する課題が少ないために、市場の発展が早い

この調査レポートは、有機LED照明とディスプレイに使用される材料のビジネスチャンスを分析している。調査対象は、電極、カプセル化、下層層などのOLEDのすべての層で使用される材料と、EML、ETL、HTL/EBL、HILなどの有機層である。また、携帯電話などのポータブル機器、テレビなどのビデオ機器、一般照明や建築用照明、バックライトなど様々なOLEDのアプリケーションにおける材料の詳細も記載している。

今後8年間の有機LED材料市場を材料種別に詳細に予測し、最新の調査の概要と企業の戦略も記載している。この調査レポートの調査対象企業は、3M、Add-Vision、Agfa、BASF、Corning、DuPont、DuPont Teijin Films(デュポン帝人フィルム)、Kodak(コダック)、GE、H.C. Starck、保土ケ谷ケミカル、出光興産、コニカミノルタ、LG Chemical、Lumiotec、Merck/EMD、MODISTECH、新日鐵化学、日産化学工業、Novaled、OSRAM、Philips Lighting、PPG Industries、Samsung Mobile Display、住友化学、UDC、Vitexなどである。

【調査レポート】
有機LED材料市場調査 2010年:技術、アプリケーション、サプライヤ情報
Markets for OLED Materials: 2010-2017
(リンク »)

◆米国市場調査会社 ナノマーケット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]