E-waste(電気電子機器廃棄物)の再生処理とリサイクル

株式会社データリソース 2010年02月02日

電気電子機器の廃棄、長持ちする製品開発、製造者責任の拡大、有害廃棄物の輸出問題

E-waste(電気電子機器廃棄物)として知られている廃棄されたエレクトロニクス製品や部品は、重大な環境問題であり、かつ大きな収益のチャンスである。もしも取り扱い方を誤らなければ、これら電気電子製品の廃棄物の多くは再生処理され、リサイクルされて将来も使用され、新しい大きな収益減となるかもしれない。しかし、もしもやり方を誤れば、土壌や空気や水を汚染し、労働者や近隣住民や野生生物などを健康被害にさらす、世界の生態系にとっての大きな脅威となるかもしれない。
この調査レポートは、世界の電気電子機器の廃棄物再生処理の市場は、2009-2014年末までCAGR20.8%で成長して、57億ドルから約147億ドルまで発展するだろうと予測している。これは、Eスクラップから再生される貴重な資源の金額である。

【調査レポート】
E-waste(電気電子機器廃棄物)の再生処理とリサイクル:電気電子機器の廃棄、長持ちする製品開発、製造者責任の拡大、有害廃棄物の輸出問題
e-Waste Recovery and Recycling:Waste Electrical and Electronic Equipment, Sustainable Product Development, Extended Producer Responsibility, and Toxic Exports
(リンク »)

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]