Aricent社、通信事業者向けに、イノベーティブな加入者エクスペリエンス創出の支援のための、Experience Engineeringを開始

JCN株式会社 2010年02月03日

Palo Alto, CA, Feb 3, 2010 - (JCN Newswire) - 通信を専門にイノベーション、技術、サービスを提供するグローバル企業のAricent(R)社は、戦略、イノベーション、製品開発、システムインテグレーションを統合した業界初のエンゲージメントモデルのExperience Engineeringを本日発表しました。

Palo Alto, CA, Feb 3, 2010 - (JCN Newswire) - 通信を専門にイノベーション、技術、サービスを提供するグローバル企業のAricent(R)社は、戦略、イノベーション、製品開発、システムインテグレーションを統合した業界初のエンゲージメントモデルのExperience Engineeringを本日発表しました。

このモデルにより、固定およびモバイル両方のネットワーク事業者は、高度に差別化された加入者エクスペリエンスのコンセプト立案・製品化・商品化ができるようになります。

Experience Engineeringは、根本的に独自性の高い手法です。電気通信分野の研究開発とシステムインテグレーションで世界をリードしているAricent社通信エンジニアリング部門との緊密な協業の下で、Aricent社のグローバルイノベーション部門frog designにより提供されます。多くの一流グローバル企業がAricent社と協業している主な理由は、イノベーティブなユーザーエクスペリエンス創出のために、どのように技術とデザインを緊密に組み合わせて使用するかについて、Aricent社が深く理解していることです。

「クラス最高の機器と、パフォーマンスの高いネットワークと、仮想的に無制限のアプリケーションおよびサービスの組み合わせとを、加入者に強くアピールする単一の加入者エクスペリエンスに統合した革新的モバイルサービスを提供するという点で、サービスプロバイダは、ユニークな位置づけにあります。」と、Vodafone Groupの元最高経営責任者で、現在KKR社のシニアアドバイザーをしているArun Sarin氏は述べました。「Aricent社のExperience Engineeringは、この種では初のエンゲージメントモデルです。イノベーション、開発、提供などの戦略フェーズ全体で通信事業者を支援します。今日の通信事業者にもっとも関心のある戦略的課題を考えると、たいへんタイムリーであると言えます。」

卓越したカスタマーエクスペリエンスが、消費者が新しいサービスの購入や採用を決定する主な理由になっていることや、消費者家電メーカーとインターネット関連企業との競争が激化していることから、先見の明のあるサービスプロバイダは競争力の高い「エクスペリエンス戦略」を実施しつつあります。このような戦略では、新規加入者を惹きつけ、既存加入者が離れていかないようにするために、彼らの独自アセット、強力なブランド、お客様との強い結びつきを有効活用しています。

Experience Engineeringは、このようなネットワーク事業者が最高のユーザーエクスペリエンスを提供できるようにするために、特別に開発されました。高度に差別化されたユーザーインターフェースの設計から、ビジョンの実現に必要なすべての機器、アプリケーション、ネットワーク、サービス関連のコンポーネントとシステムのインテグレーションの詳細にいたるまで、プロセスのすべてのコンポーネントの統合手段が、今回初めてネットワーク事業者に提供されることになりました。Experience Engineeringでは、イノベータのビジョンと実用主義的な観点を両方を取り入れたシンプルでありながらパワフルな発見(Discover)・設計(Design)・開発(Develop)・提供(Deliver)プロセスを実現するというお客様の課題に、対応しています。自由な創造と通信業界の現実のバランスを取りながら、Aricent社では、ビジネスソリューションを構想段階から市場参入まで推進しています。

アイデアの現実への正確な反映を確実に行われるようにするため、Aricent社の2部門(frog designと通信エンジニアリング)では、プロジェクトが細かい点まですべて、仕様を決定され、文書化され、お客様に提供されるように、緊密なコラボレーションの下で作業を行っています。このような設計プロセスと実装プロセスの緊密な統合には、制作プロセス全体の監視や、パートナーシップのファシリテーション、ソフトウェア開発の管理、グローバル通信エコシステムへのエクスペリエンス統合、必要に応じた実施中サポートとさらなる最適化などがあります。

「イノベーティブな加入者エクスペリエンス戦略の開発は、今日の世界各国の多くの通信事業者にとって、緊急の優先課題です。」と、frog design社長のDoreen Lorenzoは述べました。「Experience Engineeringは、このような複雑な課題に対応するために特別に開発されました。通信事業者がイノベーティブなエクスペリエンスを、高度に統合された効率的なやり方で設計・商品化をするのに役立つような、明確なプロセスとフレームワークを提供しています。Aricent社以外に、現在このような機能を提供できる企業はありません。」

「今日、世界各国のネットワーク事業者が、ハードウェアの枠を越えた複数プラットフォーム対応のブランド力の高い加入者エクスペリエンスを設計・構築しなければならないことは、非常に明白です。」と、Aricent社社長権最高執行責任者のSanjay Dhawanは述べました。「Experience Engineeringは、通信事業者がバリューチェーンにおける彼らの役割を最大化するため、このような重要な局面に取り組む際に、彼らが直面する数多くのイノベーションやインテグレーションの課題に対応した業界初のフルソリューションです。」

Experience Engineeringについての詳しい情報は、 (リンク ») をご覧ください。

キーワードおよびタグ:Aricent, frog design, experience engineering, KKR, Vodafone, user experience, telecom service providers, エクスペリエンス・エンジニアリング, コールバーグ・クラビス・ロバーツ, ボーダフォン, ユーザー・エクスペリエンス, 電気通信サービスプロバイダ, サービスプロバイダ, フロッグデザイン

Aricent社について

Aricent社は、イノベーション、技術、サービスを提供するグローバル企業で、通信を専門としています。Aricent社は、インフラ、アプリケーション、サービスなどを提供する世界の一流プロバイダ向けに、戦略的サプライヤとして、frog designのトップクラスのイノベーション能力と、卓越した通信専門知識を提供しています。弊社に投資している企業・団体には、KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)社、Sequoia Capital、ファミリー・オフィス社、カナダ年金計画投資委員会などがあります。詳細情報は、 (リンク ») をご覧ください。

Aricentは、米国および他の法的管轄地域で、Aricent社の登録商標です。その他の商標は、それぞれのオーナーの所有物です。

お問い合わせ先

Steven Manuel
ワールドワイド企業広報担当上級部長
Aricent社
電話: +1 650 391 1621
電子メール:steven.manuel@aricent.com

Jay Nichols
南北アメリカ:Sterling Communications
電話: +1 415 992 3210
電子メール:jnichols@sterlingpr.com

Paula Muezerie
ヨーロッパ:AxiCom
電話: +44 208 392 4081
電子メール:aricent@axicom.com

Varun Dubey
アジア太平洋地域企業広報・宣伝担当
Aricent社
電話: +91 9711367093
電子メール:varun.dubey@aricent.com

Shikha Singh Sehrawat
インド:Text 100
電話: +91 981 175 7369
電子メール:shikhas@text100.co.in

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

JCN株式会社の関連情報

JCN株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]