政策と法規制によって市場成長が遅れるスマートグリッド

株式会社データリソース 2010年02月23日

米国の市場調査会社ナノマーケット社は出版レポート「スマートグリッド市場の将来性:政策と法規制の影響 - Smart Grid Market Opportunities: The Impact of Government Policies and Regulations」において、スマートグリッドの新しい技術のビジネスチャンスは、蓄電、排出規制、分散発電、高度電力監視(パワーモニタリング)など、規制機関や立法機関にあるだろうと報告している。

米国調査会社ナノマーケット社の調査レポート「スマートグリッド市場の将来性:政策と法規制の影響 ー Smart Grid Market Opportunities: The Impact of Government Policies and Regulations」は、新しいスマートグリッド市場と技術の市場機会を調査し、今後数年間の政府の政策と法規制がスマートグリッドに与える影響を分析している。この調査レポートは、政府機関はスマートグリッドに基金を提供しているが、一方、標準化や相互運用性の推進などが、規制緩和や競争のオープン化によって進む市場の発展を遅らせるかもしれないと報告している。

この調査レポートは、蓄電、ケーブル、絶縁体、センサに関する調査を行っており、またまもなく出版する調査レポートでは、トランスミッション、分配設備、マイクログリッド、スマートメータ(計測)、再生可能エネルギー統合の市場を分析している。

重要な調査結果:

米国政府機関のNISTは、技術規格と相互運用性プロセスを推進する機関である。この調査レポートは、この機関の使命が、米国の民間産業の商取引や規制機関の負うものとは大きく異なっていることに注目している。スマートグリッドの新しい技術のビジネスチャンスは、規制機関や立法機関にあるだろう。それは、蓄電、排出規制、分散発電、高度電力監視(パワーモニタリング)などである。規格が成熟していて変わりそうもない変電所の自動化などの分野の積極的な企業には、より早いビジネスチャンスがあるだろう。

【調査レポート】
スマートグリッド市場の将来性:政策と法規制の影響
Smart Grid Market Opportunities: The Impact of Government Policies and Regulations
(リンク »)

◆米国市場調査会社 ナノマーケット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]